【事務局ブログ】クリスマスが近づいてきました

こんにちわ。臨床研修センターの小泉です。
11月よりこちらの部署でお仕事をさせていただいております。
同じ病院内で働いておりましたが、臨床研修制度については
全く知りませんでしたので今、一生懸命お勉強させていただいております。

臨床研修事務の業務はざっくりいうと研修医の方々が
円滑に臨床研修を進めていけるようサポートさせていただく業務です。

こちらで業務の指導していただいて約2か月、
こんなに至れり尽くせりでいいの?!というくらい、
研修医の先生方をしっかりサポートされている印象です。

病院見学に来られた学生さんにお会いして、
ここの研修の良さを一番に熱く語る事が出来るのが
ここの事務の特権?なのですが、気持ちはあっても
まだ上手に語れず歯痒い思いをしています。

でもご安心ください。
見学に来られた学生さんとは研修医の先生方と
たっぷりお話ししていただけるので、
是非見学に来て雰囲気を感じとっていただけたらなと思います。

12月になり、院内はクリスマスの飾り付けで賑わっております。
そしてこちらの事務局にもサンタが!
臨床研修センタープログラム責任者の金谷先生から
なんと可愛らしいケーキをいただきました。
ダイエットは明日からということで
ご馳走様でした。

《指導医ブログ》withコロナ時代(整形外科部長Dr.三谷)

医学生の皆さん、こんにちは。マリア病院整形外科の三谷です。

2021年11月末現在、コロナはやや落ち着いた時期ではありますが、
以前のようには外出や飲み会などが自由にはできない不便な状況が続いています。
ただ徐々に国内旅行などは増えてきている状態で、自分もそろそろどこかに行きたいと考えていました。
そんな折、数日前のニュースでオミクロン株というあらたな変異ウイルス株が出現したようです。
その感染力やいままでのワクチンが効果あるのかどうかなどまだ不明で、今後の調査で明らかになっていくものと思われますが、せっかく日本では小康状態になっているのに、またかとすこしがっかりしています。

昨年からの仕事上で、特にかわったところでは、学会がwebと現地参加のハイブリッドになったことです(昨年はwebのみが多かったです)。
医師の業務の一つとして学会発表があります。
学会で発表する準備をすること自体は自分の勉強にもなり、学会に参加をして他の先生の講演を聴くことも大変勉強となり有益です。
日常業務自体もある程度多忙な状態で、発表の準備をすることはかなり大変ではありますが、僕自身は、学会で現地参加をすることで気分転換をはかり、かつ現地の美味しい食事などを食べることなどが、学会発表を行う原動力にもなっていました。
それが、web開催は大変便利ではありますが、実際出張して参加するのとでは、やはり集中して聞くことも難しく、昨年は学会発表の意欲も減退していました。
反対に地方会や大学でのちょっとした講演会はwebで自宅や職場で見ることができるようになり、とても便利になりました。

withコロナとなってしまった昨年から現在までのこの自粛、自粛の時代に学生生活があたってしまった皆さんは大変だったと思います。
ただ過度な自粛は運動不足にもなるため、僕自身はテニスとフィットネスジムにそれぞれ週に1回通っています。
今後withコロナ時代の新しいライフスタイルが確立していくのでは思いますが、また友人、同僚の方々、そして、皆さんと一緒に飲み会などができるように早くなればいいなと考えています。

《研修医ブログ》JATECコースに参加しました。

皆さん、こんにちは。
8月ブログ担当の内藤です。

先日JATEC(Japan Advanced Trauma Evaluation and Care)に参加してきました。
JATECコースでは外傷診療に必要な知識と救急処置を模擬診療を介して学習していくトレーニングコースです。

僕がJATECに参加しようと思った理由は2つあります。
1つ目は、将来外科に進むにあたり、外科専門医修練カリキュラムにおける外傷診療のうち6点(e-learning含む)としてカウントできるから。

2つ目として、市中病院では三次救急を経験する機会がなく、初期対応や蘇生をガイドラインに基づいて勉強したいから。

ちなみにJATECコースはとても人気があり、また救急医が優先的に採用されるため、初期研修医が受講するのはかなり難しいと聞いていました。

ところが、実際申し込んでみるとなんと1回目で採用されるという奇跡が起きました。

とても嬉しく思った反面、今の自分のレベルで受講して、付いていけるのかという不安がありました。

そういうわけで、JATEC受講2週間前から滅茶苦茶勉強しました。朝早くに病院に行き、就業前に勉強、家に帰ってからも勉強、休日はスタバに行き勉強。こんなに勉強したのは国試以来かもしれません。

ちなみに、JATECコースは2日間にわたって行われます。

1日目はひたすら手技、読影の練習です。

外科的気道確保、胸腔ドレナージなどの外傷蘇生に必要な手技の習得、胸部Xp、骨盤部XpのPrimary Survey、Secondary Surveyでの読影の手順、抜けのない読影方法を学んでいきます。

1つのブースで約30分間ひたすら手技の反復をし、すぐに次のブースに移動して、また手技の反復。息つく間もなくどんどん進んでいきます。

2日目は初日に学習した各種技能や診察の手順を基本にして、模擬診療を行いました。外傷患者の様々なシナリオが用意されていて、飽きることなく模擬診療を楽しむことができました。

JATECコースを受講して良かった、というのが率直な感想です。

勉強した甲斐もあり、楽しんで受講できました。

JATECコースは受講料が60,000円超とかなり高額ではありますが、それでも受講する価値はあると思います。受講料を支給していただいたマリア病院には感謝しかありません。

もちろん、年間での支給額上限が決まっています。僕は入職してから、BLS、ACLS、JATEC、その他エコー研修すべて支給していただきました。ありがとうございます。

医学生の皆さん、病院選びの際は研修、講習会の際に病院から支給されるか否かも参考にしてみると今後の為になるかもですね。

長文となりましたが、提出が遅れた分は挽回できたのではないでしょうか。

さて、ここで問題です。8月担当の僕がなぜ今まで書かなかったのか。

  • 書く内容がなかった
  • 催促する臨床研修センターの人とどちらが先に諦めるか我慢比べ
  • 提出を忘れていた
  • 書くのが面倒だった

国試的にはどれも禁忌肢ですね(笑)
答えは病院見学の際に古和さんに聞いてみてください。
それでは体調に気をつけてお元気で!

【事務局ブログ】ギプス巻き実習@モーニングレクチャー

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。
今回は研修医必修の『モーニングレクチャー』を紹介します。

毎週木曜日の朝7時30分から1時間程度、年間を通して講義があります。
就業開始前の講義となるので、出席時間は後日に振替休暇として消化します。

さて、先日は整形外科医による『ギプス巻き実習』を行いました。
研修医が実際にギプスを巻く機会はないかも知れませんが、
ギプスを巻く手順や注意点、ギプス固定後の注意点など幅広く学びました。

2年次生は昨年経験しているので、1年次生はアドバイスを受けながら・・・。
初めてのギプス巻きに四苦八苦しながらも上手に巻くことができました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

当院では医師・薬剤師・看護師・技術職・事務職等、全職種が研修医の育成に携わります (๑•̀ – •́)و✧

職種間の垣根が低く、アットホームな雰囲気の中で研修されたい方、当院の雰囲気をご覧になりませんか?
見学のお申し込みをお待ちしております。

◆病院見学についてはこちらのページをご覧ください◆
http://www.himemaria.or.jp/maria/rinsyo_kensyu/byoin_kengaku/

《研修医ブログ》近況報告☆彡

こんにちは、研修医2年目の中堀です。
コロナの感染も少し落ち着き、10/27現在の姫路の新規感染者数は1人だそうです。
時短営業も終わり、街に人がふえてきましたね。元の生活にもどったとは言いませんが、うれしい限りです。

私事ですが、先日入籍しまして苗字が変わりました。院内外、手続きが多くて大変でした。
事務の方々には本当にお手数おかけします。ありがとうございます。

マリア病院は、男女問わず研修医の結婚率が高い気がします。
同期もすでに3人既婚、1人婚約です。
情に厚く、仲間を大切にする人柄が当院の特徴かもしれません。
私は初期研修が初めての一人暮らしでしたが、なんとか病まずにやってこられたのはこの病院のおかげだと思っています。
スタッフみんなが優しく、同期に恵まれて本当に感謝しています。

みなさんも病院の情報や福利厚生で「いいかも?」と少しでも思っていただければ、ぜひ一度見学に来てください。
かわいい1年目研修医含め、いつでもお待ちしております(^^)/

突然寒くなったので、体調には十分お気をつけください。

《指導医ブログ》Good news(緩和ケア内科部長Dr.髙橋)

先日(9月7日)は、なんとなく体調が悪い・・。特にお腹の調子が、いまいち・・・。
って感じでブルーな時間を過ごしていたら、Good newsが飛び込んできました。

今年前半から取り組んでいたPoly pharmacyに関する論文が、Annals of Palliative Medicine誌にAcceptされたというmailです。やった~(^ο^)。「英文論文、年に1本!」という目標を、今年も達成できました。これも、一緒に研究してくれたU師長・薬剤師のI先生・M先生、そして我々を支えてくれた看護師・介護士のみんなのおかげです。ありがとう!!

たかはし

《研修医ブログ》近況報告

はじめまして、初期研修1年目の濵田です。
気付けばもう9月が終わろうとしていますね。

9月は呼吸器内科で研修させていただいております。
コロナワクチンの接種もだいぶ進んで、感染者数が少しずつですが減少してきました。
10月からは規制が緩和されるみたいですね。第6波が来ないことを祈るばかりです。
マスクせずに外出していた生活が遠い昔のように感じます。
早く旅行へ行きたいですね…。

今のマイブームは休みの日に自転車で明石まで行くことです。目的は様々ですが、趣味の一つの「魚」を見に行ったりしています。晴れていて時間があればすぐに行きます(笑)写真は私の愛車です。大学2年の時から乗っています。今はお金を貯めて、いいロードバイクを買うのが夢です。

 

明石の鯛とタコは恐らく日本一美味しいと思います!
皆さん、明石を訪れた際には是非ご賞味ください。

皆さん、体調にはお気を付けください。それでは…。

【事務局ブログ】WEB説明会のご案内

こんにちは。
臨床研修センター事務局の武田です。

9月に入り、すっかり涼しくなりましたね。
私の場合、秋と言えば『食欲の秋』なので栗ご飯、さつまいもスイーツや季節の果物を楽しみに過ごしています。

さて、昨日9月17日(金)は【マイナビRESIDENT FESTIVAL(WEB説明会)】に出展しました。今回のテーマは「初期研修医が語る なぜこの病院を選んだのか」ということで、研修医の箱田先生、濵田先生が当院の良いところをお話ししてくれました☆彡

今後も出展がございますので、今まで参加したことがない方もそうでない方も是非ご視聴ください。
マイナビRESIDENT FESTIVAL(WEB説明会)では、チャット欄からコメント入力ができますので、気になること・ご質問などお気軽にご遠慮なく入力くださいね。

<今後の出展予定>
2021/10/6(水)18:00~18:30
マイナビRESIDENT FESTIVAL<テーマ別セミナー>

2021/11/10(水)18:00~18:30
マイナビRESIDENT FESTIVAL<テーマ別セミナー>

2021/11/20(土)13:00~13:30
マイナビRESIDENT FESTIVAL(合同Webセミナー全国版)

また、当院では【Zoom個別説明会】を随時実施しています。
ご希望に応じて、診療科指導医や研修医とお話をしていただけるのでより詳しく当院のことを知っていただける機会になると思います!

みなさまからのお申込みをお待ちしております(*´∀`*)

《指導医ブログ》デジタル時代の勉強法(泌尿器科部長Dr.中塚)

泌尿器科の中塚です。

医学生6回生諸君は受験勉強の真っ最中でしょうか。
今回はデジタル時代の勉強法について少し語りたいと思います。

医学生はもちろん、研修医、指導医になっても医師という職業は常に勉学が欠かせません。例えば泌尿器科で言えば、私が医師になったころは前立腺癌の内服薬は2〜3種類しかなかったものがこの数年で7種類,8種類と、どんどん増え、新薬が出るたびに、これまでの常識が通じないという、まさに日進月歩。また昨今はコロナ禍で、現地での講演会、勉強会がオンラインに置き換わっていますが、開催の容易さからか、格段にその数が増え、習得しなければならない知識も増大の一方です。

私が医師国家試験受験に臨んだ10数年前と違い、現在はPC/MACやタブレット、スマートフォンといったデジタル機器で、様々な学習支援アプリが利用できる時代になりました。今回はその中から、EvernoteNotionという2つのノートアプリを紹介します。

私は昨年まではEvernoteをメインで使用していました。これはあらゆる情報をアプリ内に収納しようというコンセプトで、資料、論文その他すべてをEvernote内に放り込んで、必要時に逐一、検索して情報を引っ張り出してくるという使い方をしています。これはこれで便利なのですが、膨大なデータのなかから必要なものを検出するため、アプリの動作が重く、時間がかかるというストレスが出てきました。

そこで今年から、Notionの併用を試してみました。Evernoteは10年以上前からある古参ですが、Notionはまだ立ち上がって数年という若いアプリです。Evernoteがあらゆる情報をアプリ内に取り込むというinputだとすると、こちらはoutputすることによって知識を身につけるとう使い方が適しています。私のEvernote内には数多くの論文や疾患ガイドライン等のPDFファイルが入っていますが、その中から日々の臨床で必要な情報を厳選してNotionにテキストで書き出すという方法で使用しています。Notionは動作も軽く、フォルダツリー形式でメモの階層化が可能なため、Evernote内の必要な情報を整理して、すぐ取り出せるようになります。
こと受験勉強に厳選すれば、EvernoteよりもNotionのほうが、試験で必要な知識を整理するという意味で適していると思います。教科書、過去問からNotionにoutputすれば知識の体系化が期待できます。

今回はひとつの方法として私の勉強法をお示ししました。学生のみなさんが医師国家試験に合格され、当院でお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

【事務局ブログ】「病院見学説明会」開催しました!

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。
近畿地方も梅雨明けし、いよいよ「夏」です。

今年は近畿地方より先に関東・東北方面が梅雨明けしましたねฅ(º ロ º ฅ)
東北北部では四国、近畿、東海より早い梅雨明けとなるのは24年ぶりのことだそうです。
今年も暑い夏になるのでしょうね´´(;´ρ`A)アチィ・・・

(自宅にて:私のバイクドームで蝉が羽化していました)

さて、今年度も「病院見学説明会」を無事開催することができました♪
昨年は初コロナ禍だったので手探りで開催し多々反省点がありました・・・。
今年はそれを踏まえて工夫し、昨年よりも良い会になったかと思います。

学生さんが指導医研修医とお話しいただくことで、
当院の全体的な雰囲気や指導医等の人柄をご体感いただくことができます。
参加された学生さんも楽しんでいただけましたでしょうか。
今年参加できなかった学生さんは是非来年お申し込みください。
お会いできることを楽しみにお待ちしております。

★おまけ・・・7月9日(金)の出来事★
外科指導医5名にご指導いただきながら「縫合研修」を実施しました。
同期で切磋琢磨しながら日々成長しています。
事務局は「子どもの成長記録」を撮りためながら成長を見守ります(笑)