《指導医ブログ》「姫路弁」講座(乳腺外科部長 兼 診療部長 Dr.丸山)

乳腺外科兼診療部長の丸山です。

平昌オリンピックも終わり、まだまだ話題を振りまいているのが、日本女子カーリング日本代表(LS北見)の5人。競技中の「そだねー」をはじめとする北海道なまり。とても上品でかわいいとの評判。今年の「流行語大賞」の可能性もあるとのこと。

私は地元出身で、幼い頃から「姫路弁」に慣れ親しんできた。ところが世間では、汚い方言として有名。最近では、マツコの「月曜から夜更かし」にも取り上げられたほど。ただ姫路市民は、河内弁ほど汚くないと思っている。そこでこれから姫路で生活を始める方のために、「姫路弁」をお教えしましょう。字数の関係で、頻用される実例のみとします。

【あっかい】だめ、あかん。
「そんなことしてええんけ」「あっかいや」

【いぬ】帰る。
「ワレ用事あるゆうとったんちゃうんかい」「はよーいねや」

【ぎょうさん】たくさん。よーさん、よーけ、とも。
「あんた、ぎょうさんお金持っとうやん。ちょっと貸してくれや」

【ごおわく】腹が立つ。
「あいつ、ごうわくんじゃ」と凄んでも他県の人には通じない

【じき】すぐ。
「あいつ何時着くんどいや」「もうじきや」

【だぼ】あほ。ぼけ。若者がよく使う、喧嘩用語。
「ワレ、ダボか」

【べっちょない】大丈夫。
「体調はどないや?」「べっちょない」

【ほかす】捨てる。
「これ、要らんようになったから、ほかしといて」

【めぐ】壊す。
「これ誰がめんだんや」「こないだあいつにめがれた」

【われ】おまえ。
「ワレ、なんぼのもんや」

こういった「姫路弁」を使いこなす多くの「姫路人(播州人)」は、「播州弁って汚いね」と言われることに喜びと誇りを感じています。(あくまで私見です)

《指導医ブログ》英会話もスキルアップを(副院長・外科部長 Dr.平井)

みなさん、こんにちは。副院長の平井です。

平昌冬季オリンピックが閉会されましたが、メダル獲得数史上最多となり日本は盛り上がっています。小平奈緒選手、羽生結弦選手・・・などトップアスリート達の試合や演技だけでなく、前後のインタビューや練習風景なども今やインターネットで簡単に見ることができます。彼らは世界のトップアスリート達と練習し、また国際試合に出るために、必要に迫られ外国語を習得し会話しています。当たり前といえば当たり前ですが、本職の技術練習以外に、外国語の勉強もしています。外国語が聞けて喋れないと交流できず、情報不足することが解っているからでしょう。 小平奈緒選手が、敗れたイ・ソンファ選手に韓国語、英語で話しかけ慰めた映像は日韓で高く評価されています。オランダ語もかなり話せるようです。羽生結弦選手も英語でインタビューに答え、世界のファンに発信しています。すばらしいですね。

ところで、日本人医師の多くは英語をよく聞けて話せません。私もその一人です。海外に留学経験なく、また日本でもきちんとnatural Englishのlisteningやspeakingの修練をしていないので、英語での発表ができないし、自信がありません。しかし、日本の学会も英語化の波が押し寄せています。私の所属する日本肝胆膵外科学会は5年前から英語化に取り組み、学会総会での英語発表の割合を年々上げていき、昨年は90%、今年は100%となりました。学会を主導する理事会が国際化に遅れている現状に危機感を持ち制度化しました。お隣の韓国の医師は英語が総じて上手と思います。大学から英語の教科書で教育を受けています。日本はアジアの中でも遅れているのです。

研修医の諸君、日々のスキルアップの中に英会話も取り入れましょう。遅ればせながら私も取り入れてます。君たちは私と違って若いので伸びが早いです。英語を習得すれば世界は拡がる!

《指導医ブログ》サッカーの3Sと3B(病院長 Dr.若林)

みなさん、こんにちは。病院長の若林です。

私がサッカーを初めたのは大学入学からで、
当時は日本リーグ(Jリーグではありません)が初まり
サッカーブームで盛り上がった頃です。

19歳からの開始はかなり遅い方で上達も若いころに初めた人よりは
ゆっくりでした。

1年くらいすると ある程度ボールを蹴れるようになり
試合に出る機会も得るようになったころ・・・
当時のキャプテン(現在、姫路のC病院医師)から

キャプテン:「若林君、サッカーの3Sを知っとるか?」
若   林:「はい。speed ・stamina・spiritです。
       50m走は6秒4、 1500m走は4分台で練習もいくらでも
       やります!!!
キャプテン:「そうか・・・。では、3Bを知っとるか?」
若   林:「えーっと・・・。ball control・body balance、
       それから・・・。」
キャプテン:「brainだよ。若林君。」
若   林:「は~??」

その後6年間の学生サッカーを終え、卒業後も機会があれば
プレーを続け、60歳以上になってから自分より年上の人と共にプレーを楽しんでいます。

『何でもかんでもポンポン蹴るんじゃない。』
『ボールに近づく前に周りの状況を見ろ。』などと
言われ続けて、やっと見えるような気になってきました。

50年もやってこの程度か・・・とも思いますが、
まだ進歩の余地は十分あるのかなとも思います。

より若い時に学び、勢いだけでなく冷静にbrainを使うことで
より高度なものを習得できるものだと思います。

皆さんも今の時期にいかに集中して学ぶか、
状況判断の訓練を積むかによって何十年後にどんなDrになるかが
かかっています。

今後の健闘を祈っています。

《指導医ブログ》初期研修プログラム責任者からのメッセージ

皆さんこんにちは。
姫路聖マリア病院初期研修プログラム責任者を務めている金谷です。

当院は姫路市北部に位置し、自然豊かで、広大な敷地のなかに急性期病床群、地域包括ケア病棟、緩和病棟、重症心身障児者センター、付帯事業としてのシミュレーション研修センター・医療型フィットネスクラブ等、様々な施設を有し、その中で研修医は自分の目標を設定し、思いっきりのびのびと研修生活を送っています。

当院の初期研修の特徴は『実践力』の養成にあります。座学に秀でていたり、オーソリティについて研修ができても、実際に患者さんに触れてみる機会が少なければ、医療安全やコミュニケーション能力を身に着けることができずスキルアップにつなげることができません。

当院では10数年前に研修医制度に参画した時から、診療科全科をあげて『実践力』の養成ということを一貫して指導目標に掲げており、過去の先輩研修医はこれに憧れて当院を選択し、動ける医師、使える医師としての基礎を築いて、現在多方面で活躍しています。
救急医療におけるファーストタッチ数、手術執刀数、麻酔導入数、内視鏡施行数など、どれをとっても十分満足してもらっています。実践を数多く経験することで、専門医制度につながる自分の将来の選択肢を的確に絞り込むこともできると考えています。

また当院の特徴として、研修を離れても、アフター5には病院付属のフィットネスクラブで心地よい汗を流したり、テニス同好会、ゴルフ同好会に参加したりとみんな仲良く職種を超えて交流を深めています。

研修2年目にはアメリカ視察研修があり(もちろん無料です!)、当院の関連病院群や施設の見学や、さまざまな異文化に触れることで、国際的な視野をもった医師になってもらいたいと願っており、実際留学に繋がった研修医もいます。

是非当院での研修に参加してみてください。

姫路聖マリア病院初期研修プログラム責任者 金谷欣明