《指導医ブログ》富士山登山(耳鼻いんこう科 担当部長 Dr.佐伯)

耳鼻咽喉科の佐伯忠彦です。一昨年の夏休みになりますが、還暦を迎えるにあたり何かチャレンジをしようと思い長男を伴って(に伴われて?)富士山登山をしました。

登山当日は、富士宮ルートの5合目にある登山口(海抜2400m)からいざ出発です。はじめは、意気揚々と快調でしたがジグザグの登山道は徐々に険しくなり、7合目くらいからは高山病のためか頭痛がしてきました。1泊する8号目にある山小屋には出発して5時間後の14時頃にやっと到着しましたが、その直後に雨が降ってきました(夜中は雷鳴や閃光が山小屋のすぐ近くや下界から聞こえたり見られたのは不思議な体験でした)。

ゆっくりと休憩の後、夕食はお決まりのカレーライスです。その後、頭痛に悩まされながらも寝袋に入って寝始めましたが、熟睡はできず早朝4時過ぎに目が覚めました。暗い中、外に出てみると寒く澄んだ静けさが漂っており、久しぶりに満天の星々を見ることができ感動しました。しばらくして徐々に空が白み始め何とか山の稜線近くにご来光を拝むこともできました)(写真1)。

(写真1)雲海と山の稜線が接する近くに現れたご来光

すっかり明るくなってから、眼下全面に広がる雲海を見ながら8合目を出発し頂上を目指し、約3時間後の9時過ぎに頂上の一角にある浅間神社奥宮へ辿り着きましたが、濃い霧が立ち込め残念ながら眺望を楽しむことはできませんでした。おまけに神社でお守りなどを買おうしたら、財布には何と1500円くらいしかありません。仕方なく買えるだけのお守りをゲットして、最後に頂上でも日本一高い海抜3776mにある「剣ヶ峰」(写真2)に登りましたが、その瞬間、富士山登頂を達成できた満足感に浸ることができ人生の節目の良い思い出となりました。

(写真2)富士山頂の剣ヶ峰(後ろは富士山測候所の跡)

下山中のエピソードは紙面の都合で割愛しますが、やっとのことで御殿場ルートの登山口まで下山できたのは15時過ぎで、その時私は疲労困憊にもかかわらずランナーズハイのような充実感に浸っていました。そして、登山靴やウエアを脱いだ時の解放感は今も忘れられません。

このように2日間をかけて、ハプニングもありながら完遂できた富士山登山でしたが、私にとって素晴らしい体験となり満足しています。皆さんもまだ富士山に登った経験がなければ、一度は登ってみてはいかがですか? でも、感動的な登山になるか苦行になるかは天候とあなた次第です!?

《研修医ブログ》令和初のお正月

あけましておめでとうございます!
食べることと寝ることと遊ぶことが好きな仲山です。
今年も研修医ブログをよろしくお願いします(о´∀`о)

今年はオリンピックイヤーですね!
私はボートの決勝が抽選で当たったので観戦しに行きます(((o(*゜▽゜*)o)))

いまオリンピックの代表選手が選ばれているところですね。
どの選手も悔いのない結果が残せたら良いなと思ってます!

 

以下、雑談です(笑)

令和初のお正月でしたね。
私は福岡県太宰府市の祖母の家でお正月を過ごしました。
ところで太宰府は令和ゆかりの地であることはご存知ですか?
私も詳しくは知らないので、ブログネタ用に少し調べてみました。

時は730年正月13日のこと、大宰府の大伴旅人の邸宅で、梅の花見の宴が催された。その歌々を束ねる万葉集の序文の書き出しでは、以下のように宴の日を讃えている。

「初春の令月にして気淑く風和ぎ
梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫ず」

現代語訳は、
「正月良き時に集えば、天気に恵まれ、風もやわらかで、梅の花は鏡の前にある白粉のように白く、その匂いはまるで匂い袋のようだ」

この文章を受けて安倍首相は、「厳しい寒さの後に、春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定した」と語ったそうです。

令和が皆様にとって花咲く時代となりますように。
令和時代の医師のみなさん、一緒に頑張りましょう!

《研修医ブログ》あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
12月のブログ担当青山です。更新が1月になってしまい、時の早さを感じています。遅くなってごめんなさい。
12月のマリア病院はクリスマス一色でとても賑やかです。ツリーや馬小屋の飾りをあちこちでみかけます。

新年になるとhapppy new yearとのコラボも楽しめます。

 

12月の終わり、マリア病院では来年度入職する研修医を歓迎する激励懇親会が催されました。
お店は姫路駅前のフレンチで雰囲気もとっても良かったです。

料理を食べながら自己紹介をしつつ、診(珍?)療部長による国試対策講座も開講され、国試合格へのエールを送りました。

 

その後は有志で二次会へ。

インスタ映えなお店でリラックスしながら飲み直し。

誰の誕生日でもないけどイラスト入りのデザート。仲がいいのがマリア病院のいいところです。
新研修医のみんなも楽しんで帰ってくれていたらいいな(願望)。

もしマリア病院に興味をもってくださったら、ぜひ見学に来てみてくださいね~!!
待ってます(*^^)v

【事務局ブログ】学生激励懇親会♪

こんにちは。臨床研修センターの武田です。
皆様、体調はいかがでしょうか。
今年はインフルエンザの流行時期が早まっているようですね。
手洗い・うがい等しっかりと気をつけていきたいと思います!

さてさて、12/27(金)は姫路市内のレストランで“激励懇親会”が行われました。
院内の指導医・初期研修医・来年度研修医内定者が一堂に会して親睦を深め、国家試験に向けて英気を養ってもらう目的で開催されています。

いつもながら素敵な雰囲気、美味しいお料理に囲まれて和やかに会が進行します。

学生さんから意気込みなどをお聞きし、
指導医、研修医からは激励のメッセージがありました♪

そして恒例となった診療部長/乳腺外科部長の丸山医師からのプレゼン「知っておくべき国試のアレコレ」「姫路聖マリア病院のアレコレ」で大盛り上がり!楽しい時間となりました(≧▽≦)

このブログをご覧くださっている学生のみなさまに
当院の温かな雰囲気を感じ取っていただけると嬉しいです!

それでは、皆様お体に気をつけて、よいお年をお迎えください。

《指導医ブログ》産婦人科研修について(産婦人科Dr.谷川)

産婦人科の谷川です。今年も残すところあとわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は10月から第3子の育休明けで復帰したのですが、我が家はちび子(生後9か月)が鼻水ズルズル、慢性的に風邪をひいており、ご機嫌ナナメな日々を送っています。

私が初期研修をしていた時代、産婦人科は必修科で全員が回っていました。いつの頃からか選択となっていましたが、来年度よりまた必修となるそうですね。当院の産婦人科研修がどのようなものなのか、興味ある方もいらっしゃると思うのでご紹介したいと思います。

産婦人科研修中、研修医の先生は部長である片山先生と一緒に行動します。朝は婦人科回診→産科回診、その後は外来です。外来では赤ちゃんのエコーをしたり、婦人科の方の診察も一緒にします。赤ちゃんのエコーは最初出すべき画像が出せなくて苦労するのですが、研修が終わる頃にはスムーズにできるようになる人がほとんどです。当院にも4Dエコーが導入されており、赤ちゃんのかわいい顔が描出できた時には感動ものです♪

午後は毎日手術が組まれていて、研修医の先生は必ず手術に入るようになっています。帝王切開もありますし、婦人科では腟から行う手術や開腹手術だけではなく、最近では腹腔鏡手術が特に増えてきています。いずれの手術も積極的に手を動かしてもらって、縫合等の手術基本手技を学んでもらっています。また研修医の先生の力量に応じて、実際に執刀をしてもらうこともあります。年間500件程度手術をしているので、1か月研修するだけでもいろんな手術を経験することができますよ。

そして産婦人科といえばやっぱり出産ですよね!日中の分娩はもちろんのこと、夜間の分娩にも積極的に参加してもらっています。夜間のcallは希望を聞きながらしているので、平日毎日on callの研修医さんもいれば、そうでない人もいます。内診したり、分娩の経過を一緒に観察したり、分娩後の処置をしてもらうこともあります。出身大学によっては分娩数が少ないところもあり、あまり分娩に立ち会った経験がない研修医の先生もいると思いますが、痛みに耐えて出産するお母さんとうまれてくる赤ちゃん、それが普通分娩でも帝王切開でも、その場面に立ち会えることはとても素敵な経験になると思います。

産婦人科はいつ分娩があるかわからないのでどたばたと忙しい時もありますが、その分感動する場面がたくさんある素晴らしい科だと私は思っています。手技の経験もたくさんできるし、来年以降当院で研修をする先生方、産婦人科の研修を楽しみにしていてくださいね~♪

《研修医ブログ》ICLS研修

皆さんこんにちは。研修医の杉原です。
あっという間に今年も終わりが見えてきました。

先日、院内でICLSの研修がありました。
ICLSとは「Immediate Cardiac Life Support」の頭文字を取った略語で、医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。

突然の心肺停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生を習得することを目標に、実技を中心として約一日かけて学びました。

受講者は少人数のグループに分かれて、前半はBLS(一次救命処置)やAEDの操作、心電図波形の診断等をおさらいし、後半は実際に即したシナリオに沿って、グループ内で役割分担をしてチーム蘇生を行うといった流れで研修を行いました。

後半のシナリオに基づいたトレーニングでは、グループ内全員がリーダー、胸骨圧迫、薬剤係、換気、タイムキーパー、モニターの役割を経験できるように役をまわしながら行っていきました。一回シナリオをまわす毎に、振り返りの時間が設けられおり、反省点や良かった点を洗い出し、次に繋げていきました。コメディカルの方々とディスカッションする中で、皆さんとても積極的に意見を出してくれるので、今まで自分の視点にはなかったことを発見できました(*^^*)。

シナリオ毎に毎回緊張しながらも、グループ内で仲良く楽しくトレーニングすることができました。最初ははじめまして状態だったのですが、すっかり打ち解けてコミュニケーションを円滑にできたのはとても良かったんじゃないかなと思います♪

今回学んだこと・気づいたことをしっかり現場で活かせるようにしていきたいと思います。

《研修医ブログ》インフルエンザ予防接種

はじめまして。研修医1年目の杉原です。すっかり寒くなり、インフルエンザが流行し始めましたね。

皆さま、体調のほうはいかがでしょうか。

昨日、職員の皆さんにインフルエンザの予防接種を行いました。
毎年この時期になると、マリア病院では研修医が数日に渡ってスタッフにインフルエンザの予防接種を行います。

今回は同期に手伝ってもらって、2人がかりで約130人に接種しました。
職員さんに接種するということで、皆さん顔見知りなので逆に緊張しました(笑)。
始めに同期同士で練習し合って、シュミレーションをしてから臨みました。

いざ接種が始まると、次から次へと打っていくので非常に目まぐるしく、2時間もしないうちにあっという間に終わりました。
痛みを最小限にするにはどうすればよいか、周りのスタッフの意見を参考にしながら
打ちましたが、始めのほうは手技がおぼつかなかったと思います(^^;。

きっと痛い思いをされたスタッフもいたと思うので、この場をお借りして再度謝罪したいと思います(>_<)。

今回、数をこなしていくうちに徐々に自分でもコツを掴めてきたように感じました。
途中から、「全然痛くなかった!」と言われたときはとても嬉しく、心の中で小躍りしてました(笑)。

これからますますインフルエンザが猛威を振るうシーズンに突入します。
手洗いうがいの励行に加えて、ワクチン接種を行って万全の対策をしていきましょう。

皆さまどうぞご自愛くださいね(*^^*)

【事務局ブログ】聖園会・秋のお食事会(ピクニック)をご紹介☆彡

こんにちは。
臨床研修センターの武田です。

何度かブログでもご紹介したことがある聖園会のお食事会(ピクニック)。9~11月にかけて今年度2回目のお食事会が開催されています。

聖園会(みそのかい):当院の福利厚生の一環として職員が所属する会です

今回は、市内のホテルでの開催です。
12時にお食事開始♪
いつも思うのですが、平日にお休みを頂いて素敵なお食事ができるのは嬉しい限りです。美味しいお食事、楽しい時間でリフレッシュすることができました。

気がつけば今年も残り2ヶ月ですね。
年々、時の流れが速くなっているような気がします。。

余談ですが、通勤の車にシートヒーターを取り付けました!
エアコンよりも早く温まるのでこれからの季節に活躍してくれそうです(*´∀`*)

《指導医ブログ》釣り(整形外科部長 Dr.尾﨑)

医学生、研修医の皆さんこんにちは!

整形外科の部長をしている尾﨑です。先日、職場の皆と恒例の釣りに行って来ました。

釣り竿やえさエサは船に用意されていて、装備は平等です。それでも、ボウズ(一匹も釣れないこと)から、爆釣れまで釣果(チョウカと読みます)はさまさま。釣りの技術や経験もさることながら、結果に最も影響する要素は運だと思います。手術ではそのようなことは許されませんが...

私の釣果は青物2本。今年は少し寂しい結果。それでも、非常に楽しいひと時でした。写真の背景に見えているのは明石海峡大橋です。

 

釣り哲学者いわく、『釣れない時間も釣り。』だそうです。成功を期待してじっと待ち続ける贅沢な時間も含めて釣りというレジャーなのだと言うことでしょうか?

若い君達は、じっと待ってないで成功を掴み取ってくださいね。

《研修医ブログ》卒業旅行~タイ編~

初期研修医1年目の金谷です。マッチングの結果発表そろそろですね。希望順位の締め切りも迎えあとは待つのみですが、医師の就職率は(国家試験に受かれば)100%というチートゲームなので、あまり気にしすぎず結果発表を待ちましょう!

さて、ようやくカンボジアからタイに入国です。タイで友達と合流し、目指すはパンガン島。Full moon party、Half moon party、Crescent party、Mountain partyと毎週末、海やら山やらでパーティをしているヒッピーたちの集う島に飛行機とフェリーを乗り継いで到着です。

移動は原チャです。みんなよく転ぶのか、パンガン島の外傷センターは半端じゃないくらい綺麗で大きい病院なので安心してください。

夕食を食べた場所です。そりゃ働きたくもなくなりますわ、ってくらいに安くて美味しかったです。パーティも楽しかったですが、なによりこの島の雰囲気だったり、人の優しさが素敵でした。パンガン島、卒業旅行にはおすすめの島です。ぜひぜひ検討してみてください。