【事務局ブログ】本日9/25(木)はマッチング中間公表でした

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。

本日9/25(木)はマッチング中間公表でしたね。
現時点で当院のプログラムを第1希望してくださっている学生さんは、
6名でした。ありがとうございます。

思い返せばコロナ禍での見学・実習は学生さんも大変でしたね。
迎える側としても沢山の課題があり、至らぬところもあったかと
思いますが、学生さんのご協力のお蔭で無事に見学・実習を行うことができました。
見学・実習にお越しくださった皆さん、ありがとうございました(*´﹀`*)

 

(コロナ禍で新たに家族の一員に。毎朝新聞を読み(?)ます(笑))

さて、当院からのお知らせです。


レジナビFairオンライン西日本Week2020 に参加します!
日時:10月15日(木)18時30分から
概要:病院説明10分+質疑応答10分
担当:金谷卒後臨床研修センター長、研修医1年次生2名

ぜひ視聴してください♬
皆さんのお申し込みをお待ちしております゚٩(๑>◡<๑)۶

《研修医ブログ》マリア病院で研修をしてみた率直な感想

こんにちは、研修医二年目の金谷です。
6年生のみなさん、マッチングお疲れ様でした。中間発表に左右されず、自分の行きたい病院(マリア病院)を第一志望にしましょう。どんな結果になったとしても、きっと後悔のない選択になると思います。
5年生以下の方はコロナの影響で見学もままならないと思うので、マリア病院で初期研修をしてみた率直な感想を、忖度なしで表にしてみました。お時間のある方はどうぞ。

勉強や手技
研修医の熱意に任せています。1から10まで手厚く教えてほしい人にはあまり向いていない病院かもしれません。でも医学書も充実していて、手技数も十分すぎるほどでした。

選択
希望すれば協力型病院での研修も選択でき、幅広い科を経験することができます。研修医の数も6人と少数なので、2年目の研修の自由度は高いと思います。ほとんどの場合、希望通りに研修できます。

救急
上級医1人と研修医1人で回すので、最初は正直てんやわんやです。でも受け入れから検査オーダー、治療方針の決定、入院指示まで全てこなすので、『さばくだけの救急』ではなく、やる気をもって臨めば『深く学べる救急』だと思います。

病棟業務
力量に応じた担当患者数と裁量権です。やる気次第でバリバリこなせるようになります。

給料・有給
福利厚生はいうことありません。とても充実した毎日を送れています。

 

ということで、僕はマリア病院で研修ができて、とても満足しています。そしてなにより優しい方々に囲まれて、毎日楽しい日々を送れています。たったの2年間ですが、医師として踏み出す一歩を始める病院としては、胸を張っておすすめできます。学部生の方は是非一度見学に来てください。

《研修医ブログ》DAM研修と…「4年に一度じゃない!一生に一度だ!」

皆さんこんにちは。
「研修医ブログを早く書いてください(書きなさい)」と臨床研修センターのKさん、Tさんに催促され、ようやく重い腰を上げた研修医1年目の内藤 信裕です。
こんなことを書いても優しいお二人は満面の笑顔で許してくれます。
病院見学に来る学生さんには「上級医の先生方だけでなく、コメディカルの方たちも研修医に優しいよ」とよく伝えていますが、実際めちゃくちゃ優しいです。
見学に来た時も優しいし、相談しやすい雰囲気だなと思っていましたが、働いてみて、その何倍も実際優しかったです。

さて、入職して早くも5ヶ月が経とうとしています。
最近あったDAM(Difficult Airway Management)研修の写真をあげておきますね。
同期が勢ぞろいして講義や研修を受けるのは4月のオリエンテーション以来だったので、入職したてのあの頃がなんだか懐かしく感じました。
当院ではモーニングレクチャーなどの勉強会もあり、またDAM研修や心エコー研修などの研修会も多数あり、すごく勉強できる環境が整っています。

 

ここからは、僕の趣味について書いていこうと思います。
僕の趣味はラグビー観戦です。
高校ラグビー、大学ラグビー、トップリーグ、スーパーラグビーなど色々な試合を見るのが大好きです。
J sportsに登録し、i Padで見るだけでなく、実際に練習や試合を見に行っています。
ラグビーを生で見ると、何といってもあの迫力に圧倒されます。
選手たちが必死でボールをつないでいる感じ、必死に大きな相手にひるむことなくタックルに行く感じ、たまりませんね。

そんなラグビー好きの僕、そしてラグビーファンにとっては一大イベント、ラグビーワールドカップが、昨年ここ日本で行われました。

しかし、世界中の人がチケットを買い求めるため、チケットを購入するのも一苦労です。
僕は運よく、予選 日本 対 アイルランド、準決勝 ニュージーランド対イングランドの試合を購入することができました。ただ、値段が高いこと、、、笑
そして、準決勝は卒業試験2日前、、、笑
しかし、「4年に一度じゃない!一生に一度だ!」のキャッチフレーズを目にし、迷わず試合を見に行くことにしました。

日本 対 アイルランドは、「日本の試合を買えてラッキー!せめて善戦してくれたらいいなー」くらいの気持ちでした。
大会開幕時、世界ランキングは日本 10位に対してアイルランドは 1位。
結果は日本 19-12 アイルランドでノーサイド。この劇的な勝利は静岡ショックとまで呼ばれるほど、世界に衝撃を与えました。こんな試合を生で見ることができた僕は幸せ者です。
外国人のエネルギーは凄まじいもので、電車内でみんなで大合唱したり、まるで外国にいるかのように感じました。

 

次に準決勝 ニュージーランド対イングランド。
生のハカを始めて見て、鳥肌が立ちました。ハカをV字で迎え撃つイングランド。
試合前からバチバチです。

 

隣の席のイングランドサポーターのおじさんがビールを6杯おごってくれました。
体格からも分かるように、飲むのが早いこと、、、笑
ペースを合わせるのに必死です。
試合が終わるころにはもうめちゃくちゃ酔っぱらっていました。
もう少し真剣に試合を見るべきでしたね笑

左手にビールを持ち、ラグビー観戦。これに尽きますね!
豆知識ですが、なぜビールを左手に持つのか。
アフターマッチファンクションでは当たり前のようですが、観戦の時にも守らなければいけないルールらしいです。
良いプレーがあれば握手をしたり、ハイタッチしますよね。
そう、握手やハイタッチは右手でするものです。なので、右手はそのためにあけておかなければいけないのです。ビールを持っていたり、水滴で手が濡れているのは御法度。
そして、これを他人に指摘されると、「バッファロー」と声をかけられます。
バッファローと声をかけられた人は手に持っているビールを飲み干さなければなりません。
このブログを見てくださった皆さん、これからは気をつけましょうね!

 

次回、「パーソナルジムに行く」の巻き。
乞うご期待。

《研修医ブログ》BLS

こんにちは。研修医2年目の大漉です。

暑い日が続きますね。手術中に汗が術野に落ちないように気を遣う日々です。汗かきにはつらい季節になりましたね。

さて6年生は西医体や東医体の夏季競技が中止になり悔しい思いをしている人も多いと思います。その気持ちをぜひ勉強にぶつけてください。またマッチングの面接を終え、一息ついている方も多いのではないでしょうか。卒試や国試勉強の合間に就職活動をするのはとてもエネルギーがいることだと思います。体を壊さないよう気を付けてください。肩の力を抜いて頑張ってください。

(写真整理していたら一昨年の自習室での僕の写真が出てきました。休憩も大切です。)

5年生はCOVID-19の影響で春休みに病院見学に行けず、この夏に初めて病院見学に行くという人もいるかと思います。初めての見学は緊張すると思いますが、硬くならずに楽しんでください。

さて先日、当院の研修施設 姫路メディカルシミュレーションセンター ひめマリアにてBLS(basic life support)研修が行われました。病棟や外来で心停止が起きた際にすぐに対応できるように毎年行われています。今年はCOVID-19の影響でしばらく開催できませんでしたが、参加人数を減らし間隔を空けるという対策をとって先月から再開しました。

(写真は以前の開催の様子です)

グループに看護師、薬剤部、PT、OT、ST、医療事務と様々な職種の方々が入り混じって行われます。初対面で緊張気味ですが、みなさん積極的にコミュニケーションをとりながら行っていました。実際院外の心停止ではほぼ間違いなく周囲の人は初対面なので、速やかに蘇生を開始するためにコミュニケーション能力は非常に重要になってきます。お互いが何をするのかきちんと復唱しながらロールプレイをこなしていました。1ブロック目でBLSの流れをざっくり学んだ後、2ブロック目では人形を用いてひたすら胸骨圧迫の練習です。質の高いCPRを意識しながら何度も練習し、終わるころにはみなさん汗だくになっていました。

マリア病院ではこうした院内講習も盛んにおこなわれており、また院内だけでなく院外のBLS、ICLS、ACLS、PALS、JPTECなどの講習会の参加もできます。興味を持った方はぜひ見学に来てください。

今回はこの辺で失礼します。

《指導医ブログ》令和2年度医師臨床研修マッチング選考試験始まる!(卒後臨床研修センター長Dr.金谷)

コロナ禍、Go To トラベルキャンペーン、WITH コロナ、新型コロナ第二波など新型コロナウィルス肺炎関連の言葉が連日テレビ報道やネットニュースのトップを賑わす中、7月31日よりいよいよ令和2年度の当院の医師臨床研修マッチング選考試験が始まりました。

病院見学自粛の中、現役初期研修医や指導医の協力による医学生の当院へのZoom面接訪問や、制限付き自粛解除による病院説明会に全国から多くの医学部6年生が当院に関心をもっていただき訪問してくれました。この場を借りて感謝申し上げます。

  左:Zoom説明会           右:病院見学説明会

その結果、本年度は過去最高人数の医学生が当院を受験していただく予定となっています。

面接試験において、受験生の共通した当院への志望動機としては
①研修医と上級医、また各科ごとの垣根のない良好な雰囲気、
②研修医の生き生きした姿、
③そして何より実践力重視を研修の骨子に掲げ、実際様々な場面で実践が行われている
と感じていただいた学生さんが多いようです。

やはり医師としての出発点において、座学だけではなくどんどん実践力を養いたいという、時代は変われど私が30年ほど前に医師を始めた際に抱いていた気持ちを現代の医学生も変わらず持ち続けいていることに安堵さえ覚えました。

私の専門である消化器外科領域においても今年より外科が復活必修となったため、すでに1年目の初期研修医が回ってきていますが、腹腔鏡下手術のスコピストや鼠径ヘルニア根治術、腹腔鏡下虫垂切除術、開腹・閉腹術、CVポート留置術などの術者、(もちろん指導医の多大なサポートのもとですが)にもなってもらっています。他科においても同様です。

当院に興味がわきましたら是非見学にいらしてください。

卒後臨床研修センター長
消化管外科部長 兼 救急科部長
金谷 欣明

《指導医ブログ》意外と人は歴史を知らない

意外と人は歴史に興味がない、ということをしばしば経験します。歴史をしっかり勉強すると今の状況がなぜこうなっているのかを理解することができます。池上彰が世界の状況を説明するのにいつも背景にある歴史をきちんと押さえて話をしているのを見ると時々感動したりします。また歴史を理解するということは、人を理解する事でもあります。
さて、瀬島龍三という名前を聞いてどういう人であったかすぐに返事ができる人は少ないかもしれません。彼は第二次世界大戦中の陸軍軍人で陸軍士官学校を次席で卒業し、陸軍大学を首席で卒業した人物です。戦後は伊藤忠商事に勤務し、繊維商社であった伊藤忠商事を世界有数の総合商社にすることに大きく貢献したとも言われています。中曽根康弘、元総理大臣のブレーンであったとも言われています。
彼は部下が何ページにもわたる報告書を持ってくると、これでは駄目だ、せめてA4,1枚程度にしてほしいと言ったと人づてに聞いたことがあります。必要な事項がきちんと述べられていてかつ短い、わかりやすい文章にまとめることを要求したそうです。

学会発表でもそうですが、やたら文字が多くて、難解なものを見かけることもあります。
医学は理科系の学問ではありますが、多分に文科系の要素も含まれています。
かつて学会発表をするときに、大学の指導教官が私に要求したのは、論旨が明確でわかりやすい事、短い事、興味が持てる内容である事でした。

余裕ができればこのような学会発表の方法、症例報告書の書き方などを研修医の方々と勉強したいとひそかに希望しています。

塩田雄太郎

【事務局ブログ】個別見学について

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。
ようやく近畿地方の梅雨も明け、夏らしい日差しが降り注いでいます(*゚-゚)φ*+:。.。。


      (事務局武田の家庭菜園:ゴーヤ)

そんな中、全国的に新型コロナウイルスは感染拡大傾向にあり、
非常事態宣言や休業要請などの言葉が再び聞かれるようになりましたね。
当地におきましても感染者が増えつつある状況となっています。

医学生の方にとって夏休みは研修先を検討する大切な時期で、
地域をまたいで複数の施設を見学される方もいらっしゃると思います。
当院では、見学2週間前から検温を含む体調チェックに加えて、
往来歴の確認もさせていただいており、
当院の取り決め事項から外れる場合はやむを得ず見学の延期をお願いしています。

延期をお願いするのは心苦しい限りですが、
学生さん側も状況を十分ご理解のうえ快く了承してくださり、
申し訳ない気持ちと感謝の気持ちとが入り交じっています。

研修先の雰囲気を知るには個別見学が一番だと思いますが、
様々な事情で訪問ができない方はZoomでの個別説明も行っていますので、
当院にご興味を持ってくださった方は是非お申し込みくださいね。

ちなみに・・・先週から研修医選考試験も始まりました。
ご応募いただいた学生さんが無事に受験を終えられますように(*˘︶˘*).。.:*♡

《研修医ブログ》研修医紹介!

こんにちは、研修医1年目の高橋立成です。

6月の下旬より当院も医学生対象の病院見学が再開しており、どしどし見学のご連絡をいただいており、嬉しい限りです。

ただ、6年生の中には
「マッチングまでに見学が間に合わない…!」
「もっと研修医の先生とお話してみたかった」
などと考えてくれている方もいるのかな、と思い折角の良い機会をいただいたので、研修医1年目の紹介をしてみようかなと思います。

以下、僕の独断と偏見ですのであくまで参考までにしてくださいね。

No.1
櫻間〇太
分類:ずのうポケモン
タイプ:内科
特性:エコー

研修医1年目の中で最も頭脳明晰と言われている。徳島という秘境で、生まれ育ったため、未だに謎多きポケモン。敵には膨大な知識を振りまき、時にはエコープローべを振り回して身を守る。言葉遣いが非常に丁寧だが、時に毒舌が垣間見える。勉強で困ったときは、まず初めに相談するべきポケモン。

No.2
神野〇気
分類:あたまポケモン
タイプ:小児科
特性:地球儀

とにかく頭が大きい(地球儀サイズ)ため、彼が隣に座ると少々圧迫感を感じる。ただし、女性からは一緒に写真を撮ると小顔効果が得られると大人気。頭は大きいけど、心は優しいポケモン。当院に見学に来られた際は、まず頭の大きさを見て彼に話しかけよう。病院見学がきっと楽しい日になるはず。ただ彼と1日共にした学生の中には「お気に入りの帽子が入らなくなりました…」といった感想をいただいたこともあるとかないとか…。

No.3
内藤〇裕
分類:きんにくポケモン
タイプ:外科
特性:プロテイン

俗に言う脳筋。鎮痛薬はプロテイン、解熱剤もプロテイン、抗菌薬もプロテイン、点滴製剤もプロテインを処方するとかしないとか…。その割には几帳面で、机の上は誰よりも綺麗。とにかく与えられた仕事はすぐにこなしてしまう。困った時は彼に相談しよう。きっと筋肉が解決してくれるはず。

No.4
中堀美〇子
分類:めぢからポケモン
タイプ:小児科
特性:紅一点

研修医1年目唯一の女性ポケモン。何故か同期からは苗字呼び捨てであり、徐々に男枠扱いされつつある。少しいじると18G針を持って、手背からルートを取ろうとしてくる鬼ポケモン。最近の願望は姫プレイ(女の子らしく扱ってほしい)だか、まだまだ先の話になりそうだ。

No.5
山口〇也
分類:ゲームポケモン
タイプ:泌尿器科
特性:Nintendo Switch

ゲーマー。彼の格言に「スマホは片手で操作する物ではない。横向き、両手で操作するものだ」がある。数々のギルドに所属し、オフ会にも参加するとか。志望科は泌尿器科一択であり、今後はめを外した男性諸君がいれば、彼にお世話になることであろう。給料の大半はゲームの課金に溶かしている。

このような個性あるメンバーと僕の計6人です。
僕の特徴については、また見学に来た際に、実際に会ってお話ししましょう。

以上、楽しいメンバーで研修しているので、是非当院に一度見学に来てください。

P.S.
頭の大きな神野先生が僕の紹介文を考えてくれたので記載します。
おでこが広くて悩んでいる方は、相談してくださいね。

No.6
高橋〇成
分類:アイドルポケモン
タイプ:外科
特性:大きなおデコ

容姿端麗で研修医1年目の中で看護師にモテそうなランキング1位、将来診てもらいたい医者ランキング1位、ゴルフうまいランキング1位と嫉妬されやすい人間である。そんな彼にも人間らしさがあり、アイドルオタクである点である。特にBiSHの熱狂的ファンであり、噂によると研修医12人全員を通称「清掃員(BiSHのファンの総称)」にする緻密な計画を練っているらしい。
おデコが広くて悩んでいる人は見学に来た時に相談してみよう!

【事務局ブログ】病院見学の受け入れを再開します(受付中)

こんにちは。臨床研修センターの武田です。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月より病院見学を中止しておりましたが
6月下旬から受け入れを再開することとなりました。
初期研修先を検討される医学生のみなさまにとって貴重な機会となれば幸いです。

◇病院見学説明会・個別見学の際、下記対応へのご協力をお願いします。
・見学2週間前からの検温を含む体調チェック
・見学承諾書の提出 ※保証人の署名捺印が必要(保護者または配偶者)
・見学当日の問診・検温

詳細はお申し込み後にご案内しますので、まずはこちらをご覧のうえご検討ください。
訪問見学が困難な方はご無理をなさらず『Zoom個別説明会』へご参加くださいね。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

 

感染症流行にともない、自宅で過ごす時間が増えましたね。
最近は動画配信サービスで話題のドラマを見ているのですが
話数が多いので少しずつ見て、長く楽しんでいます♪
あと2話で最終回!最後の展開が気になります…

そして、育てている野菜に毎日の水やり☆彡
最近植えたばかりなので、まだまだですが夏に向けて生長が楽しみですヽ(*^^*)ノ

《指導医ブログ》Stay hungry, stay foolish(放射線科Dr.)

こんにちは。
姫路聖マリア病院 放射線科の医師Fです。

5月25日、全国で新型コロナ緊急事態宣言が解除されました。

まさに一時代が終わり、新たな一時代が始まる、WITHコロナ時代に誰も正解がわからずに生活しています。

コロナ不況が数字で明確化しています。4~6月はリ-マンショック後の経済ダウンをはるかに超えた大変な事態になっており、失業者は100万人以上と増加し、倒産件数が1万社を超える見込みで、企業収益は極度にダウンするとのことです。

すべての産業は、コロナの前の時代には戻れない、業務形態の変更や改変が余儀なくされています。

医療も同じで、例えばオンライン診療も挙げられています。その一方で放射線科(画像検査)は、CTやMRIなどの大型機器を移動することはできませんので、患者様に病院に来ていただいて、大型機器のなかに入って画像検査をしなければ、診療ができません。
いわゆる3密のうちの「密閉」した空間なのです。

物事を決断するには、迷いはあるし、失敗も怖いし、周囲の反応が気になることはあります。

 

Stay hungry, stay foolish 

故スティーブ・ジョブズ氏が、2005年にスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチでの締めくくりの言葉が、思い出されます。
当時はこの短いフレーズが非常に印象的でした。
コロナ後、WITHコロナ時代の先行き不透明な現実を考えるとき、いまさらながら普遍的な言葉だと痛感しています。学生のみなさん、励ましの言葉に聞こえてきませんか。

 

さて、暗い話ばかりしても仕方がないので、新型コロナ感染症関連で、ひょっとしたら国家試験に出るかも知れない(あるいは出ないかも知れない)CT所見についてみてみます。

2020年04月24日に出された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する胸部CT検査の指針(Ver.1.0)の中でCOVID-19肺炎のCT所見の典型的な所見として、

1) 初期は片側性ないし両側性の胸膜直下のすりガラス影、背側または下葉優位
2) 円形の多巣性のすりガラス影
3) 進行するとcrazy-paving patternやコンソリデーションなどの割合が増加
4) 器質化を反映した索状影の混在

が挙げられています。


(小田未来らCOVID-19肺炎の2症例:クルーズ船内感染例および市中感染例より転載)

ところで、CT所見でcrazy-paving patternって何?ということなのですが (知っている学生さんは読み飛ばしていただいて構いません)、すりガラス域内部にみられる不揃いの敷石様構造であり、マスクメロンの皮様構造といった方がピンとくると思います。肺胞蛋白症で使われはじめましたが、その他多くの疾患でも認められます。意義としては、肺胞性と間質性のいずれの病態でもみられますので、これらの鑑別には利用できず、この所見により鑑別診断を絞り込むことは難しいのです。

今年の日本医学放射線学会総会の教育講演(佐賀大の江頭玲子先生)で学んだことなのですが、

COVID-19の胸部CTは、器質化肺炎(OP)パターンをとるものも多くみられます。重要所見として注目されているすりガラス影内部の血管径の拡大は、その周囲に見られるcrazy-paving appearanceの所見と併せると、浮腫を処理する過程でのリンパ管拡張や間質浮腫を反映していると考えられるとのことです。

ただし、この所見は、COVID-19に特異的ではないのですが、パンデミックの状況下では、より危険なものを考慮しなければなりませんので、コロナ感染の有無を確認する必要があるとのことだそうです。

まだまだ油断できない日々が続きますが、みなさん体調管理にはお気をつけください。