≪指導医ブログ≫「コロナ禍と小児科研修」(副院長・小児科部長 Dr.河田)

あっという間に6月もあとわずか。2022年も半分近く過ぎてしまいました。
小児科の河田です。感染管理室長でもあります。
2020年に「新型コロナウイルスによるパンデミック」が始まって、2年あまり。
みなさん、コロナにはもうあきあきしているのではないでしょうか。
旅行へ行きたい、会食したい、飲み会したい。それは私たち医療者も一緒です。でも私たち医療者の職場には、新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすい患者さんがたくさんいらっしゃいます。
自分が新型コロナに感染して軽症だったとしても、自分から感染した患者さんが重症化するかもしれません。
自分からまわりのスタッフが感染することにより、患者さんに医療を提供できなくなるかもしれません。というわけで私たち医療者は、まだまだ「不自由」な毎日を過ごしています(それぞれ工夫して毎日の楽しみを作っていますが)。
 
さて、コロナ禍により、初期研修医の小児科研修内容もかなり様変わりしました。なんといっても「こどもの感染症が減った」につきます。
小児科研修ならではの、夏のヘルパンギーナ、手足口病、アデノウイルス感染症など、冬のインフルエンザ、RSウイルス感染症など「激減」です。私自身この2年間、インフルエンザのこどもを見ていません。
 逆に「朝、調子が悪い」「頭(おなか)が痛い」「めまいがする」「しんどい」などの不定愁訴や起立性調節障害のために学校へ行けないお子さんが外来には増えています。以前の感染症で忙しい外来では、これらの患者さんに時間をとることが困難でした。

でも今小児科医には時間があります。小児科外来での研修では、小児科医がどのようにこどもとその保護者の訴えを聞き(あるいは聞き出し)、対応しているのか、じっくり見てほしいと思います。
ベテラン小児科医の患者さんや保護者との話のしかた、説明のしかたをそばで見聞きすることはきっと参考になると思います(こどもの泣き声にまけないように、大きな声で明確に話す話し方も含め)。こどもの採血、点滴、予防接種、電子カルテの書き方(他の医師だけでなく、他の職種にも診断、治療方針がわかるように)、各種オーダのしかたも、ていねいに指導しています。

 とは言っても、先が読めないコロナ禍。もしかしたら以前のような感染症診療に追われる小児科がもどってこないとも言えません。どんな状況であっても、こどもと保護者に対応するために医師として必要なスキルを学んでもらえるよう、指導していきます。小児科研修を楽しみにしてください。

 

【事務局ブログ】消防訓練を行いました。

本日新人職員合同で消防訓練を行いました。

防火防災講習を受けた後、備蓄品見学や免震構造見学をし、消火訓練を行いました。

いつもは炊き出しもあり、備蓄品の味見もできたのですが、今回はコロナのこともあり、見送りとなりました。

備蓄庫にはNASAも使用している25年も保管できる缶詰があったり、免震構造を見学するにあたり、地下にもぐったりと知らないことばかりでした。

屋上では「火事だ~!」の掛け声にはじまり水消火器を使用し研修医も消化活動の訓練をしました。

消化設備を体感して今後の防火活動に役立つことと思います。

お疲れさまでした。

《研修医ブログ》縫合・糸結び研修を受けました

はじめまして。研修医1年目の髙橋朝香です。
私は出身は鳥取県ですが、兵庫県の高校に通っていました。その縁もあって兵庫県内の病院で研修したいと考えていましたが、候補も決まらないまま6年生になってしまいました。
そんな時に実習先で出会った先生がマリア病院を勧めてくださって、この病院で働くことになりました。ほとんど直感で研修先を決めましたが、今のところ楽しく過ごせており、この病院に来て良かったなと思っています。

さて、研修の話をしますとだいぶ前になってしまいますが、5月末に1年目の研修医で縫合・糸結び研修を受けました。外科の先生方の指導の下行いましたが、優しく教えてくださったおかげで楽しい時間が過ごせました。豚の皮を縫う体験もできていい思い出になりました。次回は7月にあるみたいなので今から楽しみです。コロナ禍で実習が十分にできず手技に自信がない学生さんもいると思いますが、この病院では一から教えてくださる先生が多いので安心です。

そろそろマッチングの時期が近づいてきて6年生の中には焦っている人も多いのではないでしょうか。私もあまり見学に行けずどこにもマッチしなかったらどうしようと不安でいっぱいでしたが、今思うと焦りすぎる必要はなかったなと思います。特にマリア病院は見学回数が重要視される病院ではなく、面接も優しいです。(私は6年生の7月に初めて見学に行きました。)興味を持った方は是非見学に来てください。
皆さんが自分に合った病院が見つけられるように応援しています。

【事務局ブログ】2年次生インストラクターによるALS研修

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。
1年次生が研修を開始して早2ヶ月弱が経ちました。
様々な手技や症例の経験を重ね、日々スクスクと成長しています٩(ˊᗜˋ*)و

今日は研修医1年次生必修の『ALS研修』を紹介します。
この研修は、救急・災害医療委員会が主体となり、
委員長の金谷先生(プログラム責任者兼外科部長兼救急科部長)と
救急外来・手術室の看護師、臨床工学課、研修医2年次生(インストラクター)
が1年次生を指導します。

内容は、
1.基本の蘇生処置
①気道管理
②骨髄注
2.ALS研修の基本的な流れ(デモ)
3.シナリオシミュレーション

充実した研修内容で、あっという間に3時間が経過しました。
1年次生に指導する2年次生は本当に頼もしく、
1年次生もまた必死に学ぶ姿がとても印象的でした。

当院の良いところは「多職種が研修医育成に携わってくれるところ」です。
救急に限らず、どの職種の方も研修医育成に尽力します。
実際に見学にお越しいただくと当院の雰囲気を実感していただけますので、
興味をお持ちいただいた学生さんは気軽に見学にお越しください。

※病院見学説明会(病院全体の雰囲気が分かります)
 6月4日(土)
 6月18日(土)
 7月2日(土)
※個別見学も随時受け付け中です☆

皆様にお会いできることを楽しみにしています (*˘︶˘*)

《研修医ブログ》研修がはじまりました!

はじめまして!研修医1年目の浦上です。
1年目ではじめてブログを担当することになり、何を書こうかな~また明日でいっか~とうだうだしているうちに、
いつのまにか締め切りを過ぎ5月になっていました。ごめんなさい。

自己紹介をすると、私は出身大学は福岡の産業医科大学ですが、出身地は姫路で、地元に帰ってきて研修するという形になりました。
ですが、同期は姫路にゆかりのある人ばかりではなく、出身大学もバラバラ、出身地もバラバラで、いろんな話が聞けて楽しく研修生活を送っています。

さて、その研修についてですが、私は4月は小児科を研修させていただきました。
私の学生時代はコロナ全盛の時に実習だったので、あまり実習も満足にできず、不安な中で研修がスタートしたのですが、右も左もわからない自分に、本当に一からこうするんだよと教えてくださり、感謝でいっぱいの4月になりました。

具体的に言うと、まずカルテの使い方がわからないのですが、カルテの書き方や検査のオーダーの出し方、処方の仕方などを1から丁寧に教えていただきました。また、小児の採血という今の自分にとってすごく難しく感じる手技も、まず指導医の先生がしているところを見せていただき、その後指導していただきながら自分でトライしてみるという流れで、1か月という短い間で機会があれば何回も経験させていただきました。

ざっくりとなってしまっていますが、こんな感じで研修してるんだなというのが少しでも伝わればうれしいです。是非、気軽に研修してる様子を見学に来てみてください。

写真は4月に行われた静脈注射研修中の浦上先生

《指導医ブログ》時間は自分で作りだすもの(副院長・乳腺外科部長Dr.丸山)

自己紹介
還暦を過ぎた、心はいつも「研修医」の外科医。学生時代は、硬式庭球部に所属。
西医体、全医体や本学の王座決定戦に出場経験あり。現在は、週1回のナイターテニス、月1回のゴルフを堪能している。趣味は、ビール&ワイン

1日24時間は、全ての人に平等に与えられているものであり、その時間をいかに費やし、効率を上げるかが、それぞれの人に違っているのが現状です。
その中で、いつも「時間がない。時間がない」といっている人がいます。もちろんその人だけが1日12時間というわけではありません。
 
中国には「淮南子」という思想書があります。前漢・武帝の時代(紀元前2世紀頃)に王の劉安が、学者を集めて編纂させた書物です。
その中に、「学ぶに暇あらずと謂う者は暇ありと雖(いえ)ども亦学びに能わず」という言葉があります。意味は「勉強する時間がないという人は、時間があっても勉強しない」といったところです。
 
仕事も同様です。
 もちろん、「時間がない」と言っている人は「仕事をする時間がない」と言っているわけではないでしょうが、時間があっても、やっぱり「時間がない」というでしょう。
私が研修医の時の指導医は、アメリカ臨床留学から帰ってこられたばかりの先生(現在某国立大学外科学の有名な教授)でした。

その先生の教えは、

①外国と同じように、5時までに仕事(病棟業務)を終わらせる。それ以降は、自分の好きなことをする(その先生とは、5時以降テニスをし、よく食事+酒を飲みました)。
時には、病棟業務の後、動物実験をするために、研究棟にこもる(当時は、臨床と研究を同時にしていた時代でした)

②手術記事はその日のうちに完成させる。(患者が術後麻酔から覚醒するまでの時間に、ベッドサイドで手術記事をある程度完成させる)

③学会発表をし、論文を書く、でした。

その時に教えられたのは、よく仕事をする人ほど、遊びもするし、研究や学会活動をする、そのために「時間は自分で作るものだ」と。
反対に時間に余裕のある人ほど、仕事をしないと。

いかがでしょうか。

《研修医ブログ》お疲れ様でした

こんにちは。研修医1年目の四元です。
ついにブログの担当が回ってきました。
私の母はいつもブログチェックを楽しみにしているようなので
真面目に書きたいと思います。

3月は放射線科を研修させていただいているのですが、毎日CTやMRIの画像を勉強したり、
IVRなどの手技を見学したりと学びの多い日々を過ごしています。
画像の読影はどの科に進んでも必要なので、
今回の研修を通して少しでも読影ができるようになれたらいいなと思います。

さて、春は出会いと別れの季節ということで、先日研修医2年目の先輩方の研修修了証書授与式がありました。
私は参加できなかったのですが、素敵な式だったようです。
1年目の研修医からは1年間お世話になった感謝の気持ちを込めて、色紙やささやかなプレゼントを贈りました。
色紙作成にご協力いただいた先生方、ありがとうございました。
先輩方はとても同期同士の仲が良く、頼りになる方ばかりで、医療のことも仕事で落ち込んだときも助けてくださる頼もしい存在でした。
医師としてのスタートの年に先輩方と働くことができて幸せだったなと思います。
2年間初期研修お疲れさまでした。先輩方の新天地でのご活躍を心からお祈りしております。

次はうれしいニュースです。
4月から研修医として入職予定の皆さんが、無事全員国家試験に合格したとのことです!
たくさんの試験や実習を乗り越えて勝ち取った合格、喜びもひとしおだと思います。
本当におめでとうございます。
あと数日したら後輩ができると思うとドキドキです。
先輩方のように立派なお手本になれるか不安ですが、同期には頼もしい人がたくさんいるので安心して入職してください。
皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

《指導医ブログ》研修期間の2年間で何を得たかを振り返って②(呼吸器内科 Dr.中島)

 

前回のブログはこちら《指導医ブログ》研修期間の2年間で何を得たかを振り返って① 

つづき

②コメディカルのこと

今後、医療業界で仕事をするにあたって医師1人では必ず仕事はできません。薬剤師や看護師、リハビリテーションの方など多職種の方たちと仕事をすることになります。医師は主に「医学」を学びますが、それぞれの職種があるように看護師なら「看護学」、薬剤師なら「薬学」が専門です。それぞれがそれぞれのプロフェッショナルな仕事を行い、1人の患者に接します。

まだ「病院」という世界を広い視野で見ることは難しいですが、学生の時に学んだ以外の世界がそこにはあります。当然専門が違うので一つの事で考え方や、取り組みは違います。是非、研修医の間に様々なコメディカルの方とコミュニケーションをとってみてください。私の経験では、実際検査室に行きグラム染色をさせてもらったり、肺機能検査などをしました。実際に呼吸器リハビリテーションなどを見せてもらい、新しい視野が非常に広がりました。またしょっちゅう飲みにも行って、くだらない事もたくさんしました(笑)。

その経験は今でも生きていて、常日頃から様々なコメディカルとコミュニケーションをとり、それがチーム医療につながるよう意識をしています。自分が優秀な医師になる事も重要ですが、一番は患者にとって信頼される医師になる事だと思っています。その患者にとってのチーム医療の中での自分の役割を考えるいい機会が研修医時代には大事かと思いました。

以上が私が研修医時代に感じたことです。

参考になるかわかりませんが、仕事をするにあたってこんなに人間関係が重要だなんて学生の時には思いもしませんでした。是非、充実した研修期間にしてください!

《指導医ブログ》研修期間の2年間で何を得たかを振り返って①(呼吸器内科 Dr.中島)

皆様、お久しぶりです!呼吸器内科の中島です。本年もブログを掲載させていただく機会を頂きましたため、何か私なりにお伝えさせて頂きたいと思います。

医師13年目になり、中堅医師になってきたときに改めて自分の研修期間の2年間で何を得たかを振り返って今でも記憶に残ることを書かせていただこうかと思います。何年たっても濃い時間のため結構覚えているものですよ。

①指導医のこと

2年間の研修では様々な科を回ります。指導医の先生が印象に残った科は興味がなかった科でも、すごく有意義な時間を過ごしたと思え、その科が好きになったりします。

逆に興味があった科でも指導医の先生が微妙だったら、その科に興味がわかなくなったりもします。私の場合は進路に大きく影響を与えました。指導医の先生と一緒に夜間救命処置を行い距離が近くなれた感覚や、患者方針で意見が割れて対立したこともいい思い出です。この経験は今でも大事に思っていて、「指導医の仕事や教育、研究に対する態度=研修医への未来への影響」に直結するものと考えています。今でも研修医の時に回った指導医の先生とはコンタクトを取り続けさせてもらっていて大変有難く思っています。

私は研修医の先生とは責任ある1人の医者であり1人の社会人として接するよう心がけていて、お互い切磋琢磨できたらと毎日思います。そしてずっと一緒に仕事をできるように、、、勧誘もします。「この医局の雰囲気が好き」「この先生のもとで仕事をしたい」という理由で今後の専門の科を決める人も多いと思います。研修医の間はぜひ指導医にも着目して、ぜひその人となりを見てください。そこにその科の真意があるかもしれませんよ。

つづく↓

《指導医ブログ》研修期間の2年間で何を得たかを振り返って②(呼吸器内科 Dr.中島)

【事務局ブログ】息抜きも大切ですね

皆様初めまして、臨床研修センター事務局の村上です。

今まで様々なことにチャレンジしてきましたが、唯一長続きしているのが、釣りです。

餌ではなくルアー(魚の形状をした疑似餌)フィッシングですので、潮の流れや、地形を読み取りながら、ルアーを投げ続けます。また、釣りやすい時間や潜んでいる水深なども重要になってきます。そして最も重要なのが、ルアーをいかにして生きている魚のように見せられるかです。これは、ロッド(竿)やリール(糸を巻いてくる道具)を上手く使って、竿先を少し揺らしたり、リールの巻き速度を変えたり、巻くのを止めたりと、微妙な調整が必要です。

それでも自然が相手ですので、魚の反応が全くなく、帰ることが多々あります。運よく魚がフック(針)にかかっても、魚は必死に抵抗して暴れるので、逃してしまうこともしばしばです。

そういった苦労がある中で、釣れた時はもう感動ものです。基本キャッチアンドリリースですので、魚に傷がついていない限り、「ありがとう」と言って海に返しています。釣りはスリリングな魚との戦いだけではなく、自然との共存を肌で実感できます。例えば、昇ってくる太陽に魅了され、今日も1日健康で過ごせますようにと、祈りの念が込み上げてきます。逆に沈みゆく太陽を見たときは、1日を振り返り、自分を見つめ直すことが出来ます。そして何よりも自分は、人知の及ばない大自然の中で生かされているということが実感でき、日々の悩みが嘘のように萎んでいくのが分かります。実は釣りが目的ではなく、そういった広大な自然を求めて海に足を運んでいるのかもしれません。

皆様も、コロナで行動制限があったり、勉学に励む毎日とは思いますが、自然と触れ合う時間を設けてはいかがでしょうか。もしかしたら、大きく人生観が変わるかもしれませんよ。私の目標は、陸から釣り上げた過去最高の大きさ73cm以上の魚を釣ることです。