《研修医ブログ》JATECコース

初期研修医2年目の井元です。6回生のみなさんはそろそろマッチングを終えて学生として最後の夏休みを謳歌している最中でしょうか。

私事ではありますが、8月17,18日に横浜でJATECコースを受けてきました。

JATECとはJapan Advanced Trauma Evaluation and Careの略で、外傷患者の初期対応を習得するためのコースです。

「わが国の外傷診療の質は決して高いとは言えない。最近の研究では、適切な処置を施せば助かると推定される外傷死亡(Preventable Trauma Death:PTD)が、外傷死亡総数の30%を超えているとされている。そして、この多くが初期診療の診療機能に依存している。これを改善するには救急医療としての外傷診療システムの構築とこれに関与する医療従事者の診療技術の向上が急務である。」(JATECホームページより)

これがJATECの基本理念となっています。詳細な内容は割愛しますが、要はABCDEの安定化を図りいずれかに異常があれば介入していくことを習得することが根幹にあります。

蘇生に必要な手技・診療方法をマネキンを用いて2日間みっちり学びます。
スケジュールはこんな感じでした。割と疲れました。。(笑)

ちなみにJATECコースは大変人気がありまた救急医が優先的に受講できるようになっているため初期研修医で受けることはなかなか難しいです。
実際僕も1年目の夏ごろから申し込み始めましたが15回ほど不採用となりました(笑)
今回も最初は不採用でしたがキャンセル枠がたまたま空いていたのでラッキーで採用されました。

救急が有名な病院ではJATECインストラクターの方が救急科におられるところもあると思いますが、一般的な市中病院ではいないところも多いのではないでしょうか。また重症外傷もこないし関係ないと思っている方も多いかと思います。たしかに一般的な市中病院ではほとんどが軽傷でJATECの手順通りに診療する必要がないことが大半ですが、中には実は重症だったという症例を経験することがあります。
そういうときのためにもJATECにおけるABCDEアプローチは初期研修医でも最低限習得しておいたほうがよいと思います。

JATECコースは60000円超とかなり高額な受講料がかかりますし、受けるのにもハードルが高いですが、全国から救命救急センター長クラスの先生方も来られますしインストラクターの方も非常に教育熱心で受講してよかったと切実に思いました。(僕は病院に負担してもらいました(笑)。ありがとうございました。)
※事務局補足:院内規程に準じて支給されます。

今後は1年目のやる気がある先生に学んだことを教えていこうと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

《指導医ブログ》学会発表についてPart 1~スライド作成の今と昔~(診療部長 兼 乳腺外科部長 Dr.丸山)

私が医者になった30数年前は、国家試験の合否を待たずして、4月上旬に、大学の外科医局に入局する制度であった。すぐさま、「オーベン・ウンテン(医者の内輪用語で上級医・下級医)」の関係で、日夜付属病院での研修が始まるのであった。その8月には、「出局」と言って、関連病院に赴任させられた。その出局の前には、必ずウンテンは、オーベンの指導のもと、経験した症例について、発表する(させられる)のが通例であった。確か「岡山外科学会」で口演したのが、私の学会デビューであったと記憶している。内容は、オーベンが血管外科グループだったため、血管関連の1例報告だった。今の私の専門とは、無関係な内容であった。

今の発表のスライドといえば、Power Pointを用いて作成し、個人のPCもしくは、USBで発表が通常である。しかし、その頃は、「ブルースライド」といって、ちょうどフィルムのネガを1枚ずつ台紙にはめ込んだ形で、投影してもらう形での発表であった。スライド一枚の説明が終わるごとに、「次お願いします」といって、投影機のそばにいる人に合図を送り、次のスライドを送ってもらう形であった。しかも、学会によって、発表スライドの枚数制限があり、一般口演では、多くの場合10枚までとされていた。Power Pointで作成する現在では、発表の作成及び修正は、発表直前まで可能であるが、ブルースライドは、原稿を外部業者に依頼し、スライドになるまでに約1週間を要し、直前に誤字があっても修正できないといった具合である。発表前には、大学医局カンファレンスで、事前に医局員の前で練習プレゼンテーションを行うのであるが、そこで修正を指摘されると、急いでまた修正した原稿を、業者に依頼するといった形で、汗(冷や汗)と涙を流したのである。Power Pointでは、カラー、グラデーション・アニメーションも自由に加工できるが、「ブルースライド」では、ネガフィルムなので、映し出されたままの画面(アニメーションができない)で発表するのである。しかも、作成料金は10枚で5~6万円、カラースライドだと10万円だったと記憶している。

巷では、「研究発表のためのスライドデザイン」なる本まで出版されている。「見た瞬間に伝わってしまうスライドを作れる」などの表題すらある。今や、自由自在にスライド作成ができるのだ。皆さんもPower Pointを駆使して、学会発表をしよう!

 

次回 Part 2では、「なぜ学会発表をするのか?」について、お話ししましょう。

【事務局ブログ】今年もDAM研修を開催しました!!

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。

7月27日(土)に救急・災害医療委員会主催でDAM【Difficult Airway Management】研修を開催しました。気道確保困難症例に出会った時、いかに冷静に、いかに柔軟に対応するかが求められます。当院の診療体制、専門性に即した急変対応について、気道緊急の状態になった時の患者の状態評価、安全で適切な気道確保の方法の選択、そしてヒト・モノ・場所の選択をどのようにすればよいかを講義、シミュレーションで学びます。
講師は当院麻酔科部長兼ICU部長山本・耳鼻咽喉科部長小川・耳鼻咽喉科担当部長佐伯の3名、場所は当院シミュレーションセンターひめマリアで行いました。
医師のみならず緊急気道確保処置介助を修得する必要のある看護師も参加し、9時から12時までの3時間、シミュレーションやシナリオトレーニングを行いました。

その場面に遭遇した時に備えて、日頃からトレーニングすることはとても大切ですね。当院は充実したシミュレーションセンター http://himemaria-sim.jp/student/ が併設されていて、知識をスキルにするために指導医もしっかり教えてくれます。研修環境をご覧になりたい方は是非見学にお越しください♪

《指導医ブログ》副院長・外科部長 Dr.平井より

私は肝胆膵外科を専門としているのですが、最初の研修病院(四国がんセンター外科)で私のやりたいこと、進むべき道は決まったように思います。

1980年に外科教室に入局し、9月から赴任しました。今とは違い、ストレート研修の時代です。1年目から乳癌や胃癌、大腸癌の手術にたくさん関わり多くの先輩外科医から指導していただきました。

そしてスーパーマンといわれた臨床病理の先生に出会えました。この先生は、患者が亡くなられ病理解剖の許可がおりましたら、深夜でも1時間以内に解剖が始まり、たぶん1時間程で終了していました。その手さばきは流れるようで見事でした。切除標本はすべて割面シェーマにマッピングされていました。世の中にはこんなすごい人がいるのだなと思いました。

また、肝臓内科の先生に毎週エコーを教えていただき、その当時、一般病院では全く行われていなかった肝切除が、国立がんセンターでは行われていることなども教わりました。

先輩医師からいただいたメッセージがその後の私の選ぶ道を決定していったように思います。思い返しても有り難く感謝しています。

皆さんも多くの先輩医師に出会い、inspiration を得て、それぞれの道を歩んでいってください。

《研修医ブログ》3か月たち…

こんにちは。研修医1年目の大漉といいます。
入職してからあっという間に3か月がたちました。救急外来や病棟業務など徐々に仕事にも慣れてきている気がします。

マリアの救急では最初の1か月目に2年目の先生と一緒にファーストコンタクトを行います。3か月もたつとかなり多くの症例を経験するので救急の初期対応が身に付きます。

先日は外科主催で縫合トレーニングが行われました。救急外来でも手を切ったりした方の縫合をすることがあるので、こういった機会をいただけるのはとてもありがたいことです。

また、この日は腹腔鏡の器具を使って縫合と糸結びにチャレンジしました。結果は…惨敗でした(笑)

カメラの画面と実際の手元の感覚って全然違うんですね。シミュレーションセンターで練習してまたチャレンジします!

話は変わりますが、先日実家のある鹿児島県で記録的な豪雨がありました。幸い実家や友人の住むところでは大きな被害はありませんでしたが、県内では土砂災害の被害が出た地域もあったそうです。被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げますとともに1日も早いご再建をお祈りいたします。

それでは今回はこの辺で失礼します。

《研修医ブログ》私生活のご紹介

こんにちは。研修医の松浦です。
今回も病院の業務ではなく、私生活のご紹介ということで。

今年の6月~7月は子供の行事がいろいろありまして、それらをご紹介したいと思います。

先ずは中学2年生の長男の体育祭。長男の学校の体育祭は生徒が上半身裸で行進し人文字を作るのが有名で、それだけを見に来る人もいるみたいです。

今年はテーマが「鋒(きっさきと読みます)」でした。人に先んじて行動するってことかな?

上演時間は50分で音楽に合わせて様々な人文字を繰り出していきます。今年は幾何学模様→闘牛→イチロー→ロケットと来て、案の定「令和」!となるわけですが、平成からの令和が素晴らしかったです。

(平成)

 

(令和)

最後にはテーマの「鋒」で終了。

毎年なかなか素晴らしい出来で感動しました。

 

続きまして7月には末っ子のピアノの発表会があり、頑張って弾いてくれたことに感動しました。 曲は「人形の夢と目覚め」でした。毎日お尻を叩かれながら練習し楽譜なしで弾けるようになったことに驚きました。何度か引っ掛かりましたが頑張って弾きなおしフィニッシュしてくれました。

いずれにせよ子供の活躍はうれしいものでパパは残りの研修期間マリア病院のために頑張ります。

【事務局ブログ】聖園会のお食事会(ピクニック)

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。
今回は、当院の福利厚生の一環として職員が所属する会「聖園会(みそのかい)」のお食事会をご紹介します🎶

食事会は900名弱の職員が10グループ程に分かれて参加します。美味しい食事を頂きながら他職種の方と交流する良い機会となります。春の食事会は播磨国総社(黒田官兵衛ゆかりの地)境内に佇む日本料理店、和ダイニング三日潮で行われました。

播磨ならではの鮮度の高い素材をたっぷり使った日本料理を堪能し、心もお腹も満たされた会となりました。また、明日からの仕事も頑張れます✺◟(∗❛ัᴗ❛ั∗)◞✺

★7/7(日)はレジナビフェア大阪の「姫路市ブース」で出展しています!参加される学生さん、是非当院ブースをご訪問ください。指導医3名・研修医3名・事務局3名で歓迎いたします。

★7月8月の個別見学も着々とお申込みを頂いております。見学希望が重なりますとご希望に添えないことがございますので、見学を検討されている方はお早めにお申込みくださいませm(__)m

【事務局ブログ】研修医1・2年次生ともに頑張っています✨

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。
6月も沢山の研修や行事がありました。忙しい研修の合間に資料を準備したり、縫合や糸結びのトレーニングを行なったり、有事に備えた訓練に参加したり・・・。

左上から時計回りに
①CPC症例発表(2年次生)
②縫合トレーニングハンズオン(1年次生)
③防災訓練(1年次生)
④救急・ICU症例検討会発表(2年次生)の様子です。

また、毎年6月から全4回開催される「病院見学説明会」も始まりました。お越し頂いた学生の皆さま、ありがとうございましたm(__)m💙


病院見学説明会は、全科のプレゼンテーション・指導医/研修医との交流会(食事会)・研修医とのcoffee break(ここだけの話)などなど、当院の全体的な研修環境をご覧頂ける良い機会となります。

6/29(土)、7/6(土)は申し込み多数のため受付を終了していますが、最終日の7/20(土)はまだ若干の空きがありますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください♪
申し込みは下記URLのフォーム(メール)からお願いします。
http://www.himemaria.or.jp/maria/rinsyo/1_syoki/

追伸:7/7(日)はレジナビフェア大阪に『姫路市ブース』で出展します。関西圏での研修に興味がある方、是非ブースにお越しください。スタッフ一同お待ちしております★

《指導医ブログ》「あっという間に1年」(病院長・呼吸器内科Dr.塩田)

呼吸器内科医の塩田です。2018年4月から当院で働きはじめて環境の変化に戸惑うことが多くありました。

研修医の先生方の診療、勉強にほとんど関係しなくなって既に1年が経ちました。今は時々救急部に行って、患者の診療をしておられる研修医の先生と話をするぐらいとなってしまいました。人に何かを教える時には教える側に10倍ぐらい知識がないと、人に教えられないと聞いたことが有ります。病院の中に若い先生方が働いているということはそれだけスタッフドクターにも教える能力と、知識、時間が要求されているということになり、スタッフドクターにも強い刺激になります。

私のように次第に具体的に教えるものがなくなると、わかりやすい精神論をしゃべるようになりそうです。自分ができるだけそうならないように気を付けようとしています。

私の数少ない趣味の一つが英語です。病院の中にある英語雑誌の抄読会にもなかなか参加できていません。それ以外にも英語に関係したクラブが病院内にあればうれしいと思っていますが今のところ経営のことであまりに多忙でとてもその余裕はなさそうです。

《研修医ブログ》ミニレクチャー

こんにちは。5月担当の石垣です。

今回は、ミニレクチャーについて書きたいと思います。
4月から内科で研修しているのですが、先日指導医の先生に「何か好きなテーマを決めて発表してみない??」と提案していただきました。
そして今日、発表でした!((緊張したーーーー!!!))
せっかくなので、ブログでも少し紹介したいと思います☆

テーマは、「急性虫垂炎」にしました。
ありふれた疾患で、国家試験でもよく登場する虫垂炎ですが、現場にいるとなかなか分かりづらい症例もたくさんあります…。

急性虫垂炎の診断に重要なのは、なんといっても病歴と身体診察です!!

中でも発症順序がとても大切で、英語の頭文字をとって「PATFL」という覚え方もあります。
この順序が異なるだけで、虫垂炎の可能性がグンと下がったりします。(問診はとても重要ですね…)

このようなスコアリング評価方法もあります↓

通称Alvarado scoreというのですが、学生のみなさん見覚えはありませんか??
そうです。113回医師国家試験E45に出題されているんです!!
それだけこのスコアリング評価は大切なのかもしれませんね…!

まだまだ虫垂炎についてお話ししたいことがあるんですけど、今日はこのあたりで…(笑)

研修医 石垣沙苗