妊娠と冷えについて

なんとなく冷えが体にあまり良くないイメージを持たれている方は多いと思います。

なぜ冷えに注意する必要があるかというと、妊婦さんにとって体の冷えは倦怠感や腰痛、頭痛、お腹の張りの原因となります。またお産に関しては、早産やお産が長引くこと、前期破水にもつながります。

 

生活の見直しとして、食生活の見直しが挙げられます。サラダは手軽にお野菜を摂れますが、生野菜よりも煮たり蒸したりした温野菜を摂る方が体を温めます。また体を温める食材はしょうが、ねぎ、にんにく、ごま、根野菜などです。身体の冷えが気になる妊婦さんは、献立を考える際にそれらを意識してみてはいかがでしょうか?

 

また暑い時期ではありますが、入浴もおすすめです。熱過ぎず、心地よく感じる温度のお湯にゆっくりつかり、リラックスする時間を作ってストレスを解消しましょう。ストレスは自律神経のバランスを崩し、冷えが悪化することがあります。

運動習慣がない方はながら運動など日常的に体を動かす機会を意識することも大切です。

お仕事をされている方は肩回しや首のストレッチをして、血行を良くすることも体を冷やさないことにつながります。

 

体質改善のために、少しずつで良いので、ぜひ取り組んでみてください(^^)/