病院長メッセージ

病院長メッセージ message

“Sustainable and Rising Mary’s”

姫路聖マリア病院の理念は、「姫路聖マリア病院はキリスト教の倫理に基づき運営される」です。当院は1950年に開設されて以来70年を超える長い歴史と伝統を受け継いできた病院であり、私たちの運営方針は、「(1)他施設との連携を図り、地域の皆様の医療と健康増進に取り組む、(2)救急医療と周産期医療の充実に努める、(3)緩和ケア、スピリチュアルケア、心のケアを専任の担当者で支える、(4)重い障害のある人達の健康と豊かな人生を支える、(5)より安全で質の高い医療とケアを提供できるよう互いに学び、研鑽に努める」です。私たちは、これまでも、そしてこれからも患者様に最適な医療を届けていきたいと考えています。

当院は現在440床の病床を有し、これまで姫路市北東部から神崎郡にかけての医療の中核として地域医療に貢献してまいりました。急性期を中心に、救急医療、周産期医療、小児医療に積極的に取り組んでいますが、2017年には重度障害総合支援センター ルルドを開設し、主に播磨姫路医療圏域における障害児者の医療にも重要な役割を果たしています。また、緩和ケア病棟、地域包括ケア病棟を設置し、さらに2020年より地域医療支援病院として病診連携や病病連携にも重点を置き地域医療機関との連携を更に進め、患者様により良い医療を提供できるよう体制を構築しています。

外科では内視鏡(腹腔鏡、胸腔鏡)を使用した低侵襲手術を胃、大腸、肝・胆・膵、肺など種々の臓器で取り入れており、整形外科でも関節や脊椎疾患に対して低侵襲手術を行い術後の機能温存など多くの患者様に最先端の治療をお届けしています。泌尿器科においても腎臓癌や腎盂尿管癌などに対し、また産婦人科でも腹腔鏡による低侵襲手術を導入しており、さらに放射線科と消化器肝臓内科では肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波焼灼療法や肝動脈塞栓術など映像下による低侵襲な検査や治療であるIVR (interventional radiology)を積極的に施行しています。耳鼻咽喉科では最近増加している睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対する精査、治療を行っておりスリープセンターの構築も考慮中です。

また、現在我が国では国民の約二人に一人が何らかのアレルギー疾患を有し、その患者数は増加傾向にあります。またアレルギー疾患の中には症状の急激な悪化(増悪)を繰り返したり、重症化により不幸にして死に至る場合もあり、職場、学校、家庭等あらゆる場面で日常生活に多大な影響を及ぼしています。しかし、地域によっては適切な医療を受けられる体制の整備が進んでおらず、また情報が少ないために最適な医療を享受できず症状が悪化する場合も少なくありません。当院では、県内外および地域におけるアレルギー疾患に係る医療の質の向上およびアレルギー疾患を有する患者様が等しく科学的知見に基づいた最新かつ最適な医療、さらに安全かつ生活の質の更なる向上を享受できることを目指してアレルギーセンターを設立します。

私たちは、5つのF (Face)を合言葉に、これからも職員一丸となって患者様と社会・地域からの期待に応えられるよう全力で取り組んでまいります。

Face the hospitality
(思いやりの心)

Face the quality
(質の高い対応)

Face the patient
(患者様に対する思い)

Face the community
(地域医療へのきめ細かい対応)

Face the total medical care
(総合的医療サービスの提供)

今後とも姫路聖マリア病院をよろしくお願いいたします。

姫路聖マリア病院

住所 : 〒670-0801兵庫県姫路市仁豊野650
Tel : 079-265-5111
Fax : 079-265-5001

診療時間
9:00~17:00 (月曜日 ~ 金曜日)
9:00~12:30 (第1、3、5土曜日)

診療受付
8:30~11:30

電車、バスでお越しの方

◯JR播但線・・・仁豊野駅下車(南へ徒歩10分)
◯神姫バス ・・・「国道マリア病院」停留所下車(徒歩2分)

地図を印刷するgoogleマップへ

トップへ戻る