診療科一覧・
医師のご紹介

小児外科

診療科紹介担当医スケジュール医師紹介

概要

小児外科では新生児から15歳までの一般外科疾患、小児泌尿器科疾患および重症心身障害児・者診療を取り扱っています。おとなで「内科」と「外科」があるように、こどもでは「小児(内)科」と「小児外科」があり、こどもの病気を主に診療・治療を行っています。 心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科領域の疾患は専門科が治療されますので、小児外科では原則として取り扱っていません。こどもは大人のミニチュアではないため、こどもの成長・発達に合わせた治療が必要です。 また、小児外科特有の先天性疾患のこどもに対しては16歳以上になっても、継続して診療を行っています。

対象疾患

  1. 小児外科疾患
    1. 頚部:正中頚嚢胞(甲状舌管嚢胞など)、副耳、耳前瘻、舌小体短縮症など
    2. 胸部:漏斗胸、肺嚢胞性疾患、気管異物、食道狭窄など
    3. 腹部:鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、肥厚性幽門狭窄症、虫垂炎、腸重積、先天性胆道拡張症、先天性胆道閉鎖症、ヒルシュスプルング病など
    4. 肛門部・体表:痔疾患(肛門周囲膿瘍など)、皮下腫瘤、リンパ管腫、血管腫など
  2. 小児泌尿器科疾患
    1. 腎・尿路:水腎症、膀胱尿管逆流症、尿膜管遺残症、夜尿症、二分脊椎、神経因性膀胱など
    2. 生殖器:包茎、停留精巣、急性陰嚢症(精巣捻転症、精巣上体炎、精巣炎など)、尿道下裂、卵巣嚢腫、卵巣奇形腫など
  3. 重症心身障害児・者疾患
    1. 胃食道逆流症、誤嚥性肺炎、摂食嚥下障害、痙性麻痺など

診療内容・特色

  1. ほとんどの手術は2泊3日で行っています。(家庭の事情等で、1泊2日にも対応しています)
  2. 前日入院の患者に対しては、原則術前点滴を行わず、麻酔がかかってから点滴確保を行うことで、こどものストレス軽減を行っています。
  3. 手術室へは家族と一緒に入室し、麻酔がかかるまで家族が傍に居ることでこどもの緊張や恐怖心を和らげています。
  4. 抜糸の要らない吸収糸による皮膚縫合と皮膚表面接着剤で、退院後は創処置もなく、入浴も可能です。
  5. 積極的に鏡視下手術を行っています。術後回復が早く、痛みの少ない低侵襲手術で、美容的にも配慮した手術を行っています。

鼠径ヘルニア:足の付け根(鼠経部)が膨らむことで見つかり、腸管が嵌頓(つまる)すると腸管が壊死する可能性があるため早期に手術が必要な疾患です。当院では原則、鼠経部アプローチで手術を行っていますが、鏡視下手術を希望される場合は対応しています。

臍ヘルニア:出生後2-3週間頃から臍が突出してくる疾患です。90%のこどもは2歳までにヘルニア門は閉鎖しますが、2-3か月にかけて大きくなるため将来的に臍の形が悪くなることがあります。当院では乳児期早期のこどもにはテープ圧迫固定法を行っています。また、幼児期・学童期に美容的に気になる方には臍形成術を行っています。

急性虫垂炎:放射線被爆のない超音波検査で診断し、ほとんどの症例で臍内の傷のみで手術を行っており、将来的に傷が目立たない手術を心がけています。基本的に術後3日目に退院可能ですが、虫垂穿孔症例では5日前後の入院期間となります。

急性陰嚢症:超音波にて精巣捻転症があるか診断し、必要に応じて緊急手術を行っています。

膀胱尿管逆流症:尿路感染症で小児科入院されたこどもに排尿時膀胱尿管造影(排尿時に膀胱尿管逆流があるか)を行い、必要に応じて膀胱鏡下デフラックス注入療法や逆流防止術(膀胱尿管新吻合術など)を行っています。

胃食道逆流症:24時間pHモニターや透視検査にて胃食道逆流症の有無を検査し、胃瘻造設術や腹腔鏡下噴門形成術で治療しています。

誤嚥性肺炎:重症心身障害児・者の誤嚥性肺炎に対して、喉頭気管分離術を行っています。術後は誤嚥することなく経口摂取ができるため本人及び家族のQOLの改善が期待できます。

小児外科疾患について詳しくお知りになりたい方は、『小児外科で治療する病気』『小児泌尿器科学会ホームページ』で解説をご覧いただけます。

小児外科を受診される患者さんへ

当院は岡山医療センター小児外科および兵庫県立こども病院と連携をして小児外科診療を行っています。なるべくお子さんに負担をかけないように、優しい診療を行い、小さな傷で美容面に考慮した手術を行っていきます。お子さんの健康に対してわからないことがありましたら、気楽にご相談ください。

医療実績
  2013年 2014年
頚部
正中頚囊胞 1件 1件
舌損傷 1件 2件
腹部
鼠径ヘルニア 30件 43件
臍ヘルニア 15件 9件
虫垂炎(腹腔鏡手術) 10件 10件
先天性胆道拡張症 1件 2件
ヒルシュスプルング病 1件 0件
観血的腸重積整復術 1件 0件
腹腔鏡下噴門形成術 0件 2件
ITBポンプ植え込み 0件 2件
卵巣奇形腫(腹腔鏡手術) 1件 1件
両側性腺摘出術(腹腔鏡手術) 0件 1件
泌尿器
精巣固定術 6件 13件
精巣摘出術 1件 2件
包茎 11件 3件
その他
皮下腫瘤摘出術 5件 8件
腹腔鏡下手手術 11件 14件
     

担当医スケジュール

◎・初診のみ (非)・非常勤医師 青字・男性医師 赤字・女性医師

(非)
髙尾
医師紹介
髙尾 智也(タカオ トモヤ)
役職

小児外科部長、重度障害総合支援センタールルド副センター長

資格

日本外科学会指導医・専門医 / 日本小児外科学会専門医 / 日本小児外科学会評議員 / 日本小児泌尿器科学会認定医 / 日本救急医学会認定ICLSディレクター・インストラクター / 日本ACLS協会認定BLSインストラクター / 日本ACLS協会認定PALSインストラクター

担当

小児外科、小児泌尿器科、重症心身障害児・者診療

診療内容・特色

 主に小児外科・小児泌尿器科・重症心身障害児・者の診療を行っています。2018年9月より小児排泄機能外来を開設し、慢性便秘や夜尿症など排泄機能で困っているお子さんの診察も行っています。外科的治療を受けられるお子さんに対しては、できるだけ負担をかけず後遺症を残さない優しくこまやかな医療を提供しています。重度障害総合支援センタールルドでは、重症心身障害児・者の在宅生活を支援するために、地域と連携し、より一層、重症心身障害児・者診療の充実をめざしています。

姫路聖マリア病院

住所 : 〒670-0801兵庫県姫路市仁豊野650
Tel : 079-265-5111
Fax : 079-265-5001

診療時間
9:00~17:00 (月曜日 ~ 金曜日)
9:00~12:30 (第1、3、5土曜日)

診療受付
8:30~11:30

電車、バスでお越しの方

◯JR播但線・・・仁豊野駅下車(南へ徒歩10分)
◯神姫バス ・・・「国道マリア病院」停留所下車(徒歩2分)

地図を印刷するgoogleマップへ

トップへ戻る