《指導医ブログ》コロナ禍の診療とライフスタイル(耳鼻咽喉科担当部長Dr.佐伯)

 2020年元旦は、京都のカジュアルなホテルで過ごし、今年はいよいよオリンピックイヤーだとワクワクしていたのも束の間、あっという間にコロナ禍にのみ込まれてしまいました。耳鼻咽喉科はのどの疾患を扱う科であるためコロナ感染者が受診する可能性が高い診療科のひとつです。そのため、通常でも標準PPEで診察を行っていますが、特に咽頭痛や発熱の患者さんは、まずPCR検査を行って陰性結果が出た後に通常診療を行うようにしています。また、現在はコロナ検査が迅速に行えるようになり、院内感染を防ぐためにも入院患者さんには全例コロナ検査を行っています。

 コロナ禍で、私はほぼ自宅と病院を自家用車で往復するのみの生活となっています。学会なども全然出席していません。しかし、多くの学会がハイブリッド開催となったため自宅で好きな時間にWebで単位を取得できてラッキーな点もありました。
 近隣の耳鼻咽喉科の先生方とも1年以上顔を会わせていません。私は元々夜の街へ繰り出すタイプではなかったので2020年正月以降は飲酒をしていませんがストレスをほとんど感じていません。コロナ禍で良かった点(?)は、清潔に対する意識が向上したことで、頻回に手を洗い、アルコールスプレーは常に携帯し、毎日帰宅後はすぐに浴室へ向かうようになりました。以前は洗髪を毎日はしていなかったのですが、おかげさまでフケの量は激減しました。でも髪の毛の本数も少なくなったように感じます。また、趣味のテニスも控えていますが、その代わりに1~2回/週のペースで近くにある山の周囲をウォーキング(5~6km程度をできるだけ速歩)で1周し、途中の公園では軽い筋トレやストレッチをしています。ウォーキング中はこれまであまり気に留めていなかった道端の草花や木々の四季折々の変化、小高い丘からの夕やけや夜空の星々などを楽しんでいます。

 コロナ禍が落ち着くのはいつごろでしょうか? ワクチンだけでは不十分で治療薬が完成する数年先でしょうか? ニューノーマルの時代についていけるようにまだまだ心身ともに健康でいたいものです。臨床研修をされる方々もこれまでの研修スタイルではないと思いますが、ピンチはチャンスと捉えて焦らずコツコツと精進してください。アーメン! ではまた。

《研修医ブログ》初期研修の折り返し

こんにちは!研修医2年目となりました櫻間です。

期待と不安でいっぱいになりながら当院に入職してはや1年、月日が経つのは本当にあっという間だなとしみじみ感じています。

はじめは右も左もわからず、何もできない日々でしたが、優しく親身な先生方、スタッフの皆様に囲まれて一歩一歩進んできた結果、1年前の自分と比べると成長したなあと感じます。何より一番成長できたのは、どんな症例が目の前に現れてもまず何か動きながら次の手を考えられるようになったことです。実践力を重視した当院の研修でこそより一層身についた習慣だと思います。

・・・とは言えまだまだできないこと、知らないことだらけであること、また初心を忘れずに初期研修の折り返しも頑張っていきます!

当院で新たに初期研修医を開始する先生方も無事定員いっぱいの6人が入職しました!
自分が先輩方から教わったことをしっかりと後輩にも伝えていけたらなと思います。

とはいえ最初は仕事として病院に出てくるだけでも精いっぱいだったことをよく覚えているので(笑)、無理せず少しずつ慣れていってくれればうれしいです!


(研修医1年次生)

まだまだコロナ禍も落ち着かない日々ですが、皆様すこやかにお過ごしくださいね。

《研修医ブログ》修了おめでとうございます&新研修医のみなさんへ

こんにちは!!研修医1年目の神野元気です。

2月の研修医ブログを書かなあかんなぁと思いはや1ヵ月が過ぎてしまい、気付けば3月も半分終わってしまいました。事務の方はぷんぷんだと思います、すみません。

今このブログを書いている頃に国試の発表がありました。合格された方、おめでとうございます!!努力が実を結んでいい結果になったことを僕もうれしく思います!!コロナに気を付けながら人生で最後の長期休暇を存分に楽しんでください!!

不幸にも不合格になってしまった人もひとまずお疲れさまでした。少し休んで気持ちが落ち着いたら切り変えて頑張っていきましょう!形は違いますが僕自身も大学中に1年間足踏みすることがあってだいぶ落ち込みましたが、今思えば楽しい記憶の方が多い気がします。足踏みすると思えば後悔しかないし、今頃前に進んで楽しいんだろうな、と思いがちやけど、足踏みしたからこそ出会える人も増えるし、他の人にはできない経験も多いと思います。それを良しとするか悪しとするかは人によりますがいいと思った方が気が楽ですよね笑。僕はそう思って生きてきました。この1年間が実り多いことを切に願っています。精一杯楽しんでください。

話が変わりますが、2年目もあと残り数日となり僕としてはめちゃくちゃ寂しくなります。「鑑別は?鑑別は?」といろいろ教えてくれた玄徳さん、お酒のおいしさ・救急対応を教えてくれた拓司さん、わいわいしている1年目を優しく見守ってくれた涌田さん、期間は短かったけど誰よりも友達のようだった周治郎さん、何をお願いしても笑顔で許してくれた沙苗さん、研修医のお母さん的存在だったよしみんさん、廊下ですれ違う時によく話しかけてくれたえりさん。1年とは思えないほど密度の濃い1年間でした。本当にお世話になりました。ありがとうございました。みなさんは多分1年目の中で僕のことを1番心配していると思いますが、僕もみなさんみたいになれるよう頑張ります。研修お疲れさまでした。またいつでも遊びに来てください。


(研修医:修了証書授与式にて)

次に入ってくる1年目の子たちも楽しみに待ってます。僕以外の来年度研修医2年目の同期はみんな優秀です、冗談抜きで。中身もいいやつばっかりで1年目が困っていたら積極的に助けてくれる人達です。困ったことがあったら何でも相談してください。僕も勉強以外なら何でも手を差し伸べます笑

《指導医ブログ》ハチ北高原スキー場にて(整形外科部長Dr.尾﨑)

医学生の皆さん、お元気ですか。マリア病院の整形外科部長の尾崎です。
相変わらず自粛、自粛の社会情勢は若い皆さんには酷なものだと思います。整形外科医の見地からは、過度な自粛は運動不足の原因となり、特に高齢者にはコロナフレイルと言って運動・心肺機能の低下や骨密度の減少を引き起こす大きな問題です。

さて、私は、冬の間は白銀の世界に出かけ、ウインタースポーツを楽しみます。兵庫県内にも本格的なスキー場があり、当院から北に車で1時間半程のハチ北高原スキー場がホームゲレンデです。

実はこのスキー場にはゲレンデドクターとして協力しています。ゲレンデに到着すると、パトロール詰所でトランシーバーを預かります。怪我人発生の報を受けると颯爽(?)と駆け付け、詰所で簡単な診断や脱臼の整復などをします。普段は自由にシュプールを描き、こぶにへばり付いています。整形外科医を選んで間違いではなかったと実感する瞬間です。

いつか、皆さんと一緒にゲレンデに繰り出せる日を、夢見ています。

 

(写真はハチ北高原スキー場ではなく、白馬八方尾根スキー場です。)

 

【事務局ブログ】病院見学についてのご案内

こんにちは。臨床研修センターの武田です。
今回は、病院見学についてのご案内です。

もうすぐ春休みということで、3月下旬~4月初旬の見学についてお問合せをいただくことが増えてきました。
兵庫県の緊急事態宣言が近日中に解除の見込みのため、
2月末現在は3月下旬以降の見学日程にて受入の調整を行っています。

当院でも感染防止策に留意しておりますが、
見学に来られる学生さん同士の接触を極力控えたいと考えているので
病院見学をご希望の場合には、まずはお早めにお問合せくださいね。

また、大学からの移動制限等により来院見学がお難しい場合は
Zoom個別説明会も是非ご検討ください。(病院見学ページはこちら

さて、もうすぐひなまつりですね。
院内各所でお雛様の飾りを発見したので、思わず写真を撮ってしまいました。
ミニサイズから立派な7段飾りまで♪
季節が感じられて温かな気持ちになりました☆彡

【事務局ブログ】モーニングレクチャー『ギプス巻き実習』

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。
今日は研修医必修の『モーニングレクチャー』を紹介します(^^♪

毎週木曜日の朝7時30分から1時間程度、
医師・薬剤師・看護師・技術職・事務職が年間を通して講義を行い、
全職種が研修医の育成に携わります(*˘︶˘*).。.:*♡

朝7時30分から・・・と少し早いですが必修講義としているので、
出席時間は後日に振替休暇としてきちんと消化してもらいます。

さて、今日は整形外科医による『ギプス巻き実習』を行いました。
研修医がファーストタッチを行う救急外来で骨折症例に出合った時は
整形外科に診察を依頼しますが、
【自分がギプスを巻くかも知れない】場面に備えることも大切です。

<研修医> 包帯巻き、意外に難しい
<医師> 初めてにしては上手!
<研修医> 早く巻かないと固まってしまう(;’∀’)
<医師> 綺麗に巻くコツはね・・・

などなど・・・実践に則したご指導をいただきました。
研修医も新たな学びや課題があったのではないでしょうか(^▽^)

【事務局ブログ】基本的臨床能力評価試験を実施しました

こんにちは。臨床研修センター事務局の古和です。
2014年度から毎年受験している「日本医療教育プログラム推進機構(JAMEP)」の試験、「基本的臨床能力評価試験」を実施しました(๑•̀ㅂ•́)و✧

この試験は卒後臨床研修における到達目標の達成度を評価するもので、
今年は動画問題を含む60問を120分で解きます。
当院では研修医は全員必修受験としており、13名が受験しました。

(コロナ禍なので座席間隔を広く開けて・・・)

試験結果は施設におけるプログラムの評価や見直し・改善への利用、
研修医は自己の実力を知り、力を入れるべき分野・領域を把握し、
総合的な臨床能力を身に付ける材料となります。

試験終了後は解放感に包まれたものの、採点結果が待ち遠しいとのこと、
納得いく点数が取れていると良いですね(*◕ᴗ◕*)

(敷地内の梅花 春の訪れを感じますね)

【事務局ブログ】診療科紹介の動画を掲載しました☆彡

こんにちは。姫路聖マリア病院 臨床研修センターの武田です。

当院の様子を詳しくお伝えするべく研修医が各科の紹介動画を撮影してくれました☆彡

「マリア病院で経験できる症例や症例数は?」
「どんな手技が経験できる?」
「専門研修はどんな感じ?」 

などの質問に各科部長や指導医の先生方が答えてくれています。
研修医との距離の近さが伝わる和やかな動画になっています。

なかなか病院見学へ足を運ぶことが難しい昨今。
各科紹介動画を通して、当院へのご興味をお持ち頂けると嬉しいです。

★診療科紹介掲載ページはこちら★

 

さて、2021年になって約2週間が経過しました。
個人的な目標としては、日常生活に運動を取り入れていきたいなと思っています。
家にいる時間が長くなったこともあり、かなりの運動不足になってしまい(*´。_。)
動画サイトにアップされているフィットネス動画を見ながら家で少しずつ挑戦しています♪

それでは、厳しい寒さが続きますがお気をつけてお過ごしくださいね。

《指導医ブログ》新型コロナウイルスとこどもたち(副院長兼小児科部長 Dr.河田)

このブログ原稿を書いているのは1月5日です。
私は小児科医ですが、院内の感染予防対策を担当しているため、昨年は無駄に(というわけでもありませんが)新型コロナウイルスに詳しくなってしまいました。今年も新型コロナがらみの仕事でスタートしました(小児科ではなく)。
COVID-19と書く方が専門家っぽいのですが、なにしろ専門家じゃないし、なんだかかっこつけているようで気恥ずかしいので、このブログは「新型コロナ」で統一します。
昨年新型コロナのパンデミックとなり、こどもたち、そして小児科診療にどのような影響があったのかをマリア病院における経験で述べます。

1.こどもの感染症が減った!
夏によく見られるヘルパンギーナ、手足口病などのいわゆる夏かぜ、秋から冬にかけてのRSウイルス(細)気管支炎、インフルエンザなどをほとんど見ませんでした。これは当院だけでなく、姫路市の感染症調査集計表でもあきらかです。

2.こどもの肥満が増えた!
姫路市は毎年小学生の肥満児検診を行っています。学校で身体測定を行い、標準体重の20%以上の肥満がある児童は、まずかかりつけで一次検診を受けます。ここ10年くらい20%以上の肥満児は全小学生の6%前後だったのが、昨年は8.6%に増加しました。一次検診で肝機能異常、高脂血症、高血糖、高血圧、50%以上の肥満のどれかを認めた場合、マリア病院を含む4つの基幹病院小児科を受診し二次検診を受けます。マリア病院への二次受診者は35名でした(前年度は27名)。そして、初めて肥満児検診の紙をもらった、というこどもが目立ちました。しかも前年度の肥満度と比べて10%から20%もアップしたというこどもが多かったです。やはり3月~5月の一斉休校、課外スポーツ活動(スイミングや野球チーム、サッカーチームなど)の休止、学校再開後もプール授業中止、運動会中止あるいは縮小の影響は大きかったのだと思います。この冬のマラソン大会(およびその前の練習)も中止のようです。春頃に比べると、こどもたちが外に出ているというだけで眉をひそめられることはなくなりましたので、二次検診に訪れた親子に「一緒に散歩」を勧めました。

3.一人一人の外来に時間をかけることができるようになった!
こどもの感染症が減り、小児科外来を訪れる患者数が減りました。その分、患者さんや保護者の訴えを聞く時間、わかりやすい説明をていねいにする時間が増えました。発熱で受診したお子さんの保護者に、新型コロナの可能性は非常に低いと納得してもらえるまで説明する時間があります(院内の感染予防対策で身につけた知識が役立ちます!)。感染症は減りましたが、学校再開後なんとなくしんどい、おなかが痛い、食べられない、朝起きられない、というこどもたちが増えたように思います。待っている患者さんのリスト画面を気にせずに診療を行うことができます。

2021年はどのような年になるでしょうか。こどもたちがのびのびと、毎日を幸せに過ごせることを願ってやみません。

《研修医ブログ》あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!
研修医の仲山です。

みなさんはどのような1年を過ごしましたか?

1年前も1月のブログを担当しましたが、その時は2020年がこのような1年になるとは想像もしていませんでしたね(>_<)
まさかオリンピックが開催されないとは(>_<)

感染対策に気をはり、自粛自粛でストレスがたまり、心の余裕がなくなる時もあるかとは思いますが、こういう時だからこそ周りに感謝の気持ちを伝えてお互い気持ち良く過ごしていけたらいいですね(*^^*)

年末年始は嵐の特番、鬼滅の刃一気読み、逃げ恥新春スペシャルを観て楽しく過ごすことが出来ました( ´ ▽ ` )

ガンバレ人類!

さて今年は丑年ですね!
みなさんは但馬牛という牛をご存知ですか?
こちらでは有名かと思いますが、私は姫路に来て初めて知ったので、丑年ということもあり少し紹介してみようと思います。

但馬地方は兵庫県の北の方、現在の豊岡市にあたります。
豊岡市には城崎温泉もありますね。城崎・豊岡が先月のブラタモリで放送されていたようですが見逃しました(;_;)
私も昨年初めに城崎温泉を訪れ、美味しい但馬牛を食べて城崎温泉に入り、楽しんだ思い出があります(o^^o)

但馬牛の中で厳選されたものが高級牛肉として名高い神戸牛だそうです。
前沢牛、飛騨牛、佐賀牛といった全国各地の有名なブランド牛も、元々は但馬牛の血統を受け継ぎ、品種改良されている牛が多いとのことです。

元々牛肉がお肉の中で1番好きなので、今年も美味しい牛肉をたくさん食べて元気に健康に過ごしていきたいです!

2021年が皆様にとって良い1年となりますように!