介護老人保健施設マリア・ヴィラ

  • アクセス
  • 関連機関
  • お問い合わせ
  • 求人案内

施設案内

理念

マリア・ヴィラはキリスト教の倫理に基づき運営される
マリア・ヴィラはキリスト教の倫理に基づき運営される
私たちは、キリストの精神に基づいた惜しみない親切と真心からの愛をもって
療養を必要とする人々に、生活リハビリ・介護を中心とした医療ケアを通して、
一日も早く家庭や地域社会で快適な生活が送れるように家族と共に支援する。
運営の方針
法の規定に従い介護を必要とする老人を対象に社会、家庭復帰への通過施設として
協力病院である姫路聖マリア病院及び地域の老人福祉分野における諸組織と
連携を保ちながら社会に貢献する。

施設長メッセージ

平成12年4月から介護保険が始まり、私たちの施設も介護老人保健施設と呼ばれ、地域における保健・医療・福祉の連携をより一層大切にしながら、人々に仕える施設として努力を重ねております。

私共はキリストの精神にもとづく愛をもって、利用者の一人ひとりが自分らしく生き、尊厳ある人格をもって人生のハイライトである余生をまっとうしていただきたく、ご家族の方やお年寄りをとりまく方と共にリハビリテーションや社会復帰に必要な生活支援に努めております。

多くの方にご利用いただき、当施設と介護・看護を通じて共に喜びや生きがいを創り出すことが出来ます様に神の祝福を祈りつつご挨拶申し上げます。

施設長 舞原 節子

施設概要

施設名称
社会医療法人財団聖フランシスコ会
介護老人保健施設  マリア・ヴィラ
所在地
〒670-0801兵庫県姫路市仁豊野650
TEL(079)265-5131  FAX(079)265-5003
開設母体
聖フランシスコ病院修道女会
入所定員
100人
通所定員
40人/1日
療養室
4人部屋…24室 個室4室…家族室2室
職員
医師、看護婦
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、 介護職員
支援相談員、施設介護支援専門員、
管理栄養士(調理:委託会社)等
歴史・沿革
1992年2月 老人保健施設マリア・ヴィラ開設

マリアヴィラ外観

介護老人保健施設とは・・・

病状が安定期にある要介護認定をお持ちの方(入院治療の必要のない方)に対して、施設サービス(介護計画)に基づいて、看護・医学的管理下における介護(生活リハビリテーション、介護を中心とした医療ケア)及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上のお世話を行うことを目的としている施設で、一日も早く家庭や地域社会で快適な生活が送れるようにご本人さまご家族さまとともにリハビリテーションを行う施設です。

※生活への復帰を目指す施設ですが、終末期介護に対しての取り組みも現在行っております。
ご利用資格
  • 65歳以上で要介護状態と市町村から認定された方。
  • 40歳以上65歳未満で特定疾病により要介護状態と市町村から認定された方。

(要支援認定の方は、通所・短期入所のみご利用いただけます(長期入所・訪問リハはご利用頂けません))

施設写真

施設画像2施設画像1施設画像3施設画像4施設画像5施設画像6施設画像7施設画像8施設画像9

個人情報保護ポリシー

PDFダウンロード

Facebook運用方針

PDFダウンロード
PAGE TOP ▲