診療科一覧・
医師のご紹介

産婦人科

診療科紹介担当医スケジュール医師紹介

概要

産科

当院では年間約600件ほどの分娩を扱っています。その多くは合併症のないロ-リスクの妊婦さんですが、双胎、子宮筋腫合併妊娠、妊娠高血圧症などハイリスクの分娩も積極的に扱っています。当院の分娩方法は基本的には自然分娩ですが、陣痛が途中で弱くなった場合や、分娩予定日を大きく超過した場合などは陣痛促進剤を使用することもあります。また骨盤位(いわゆる逆子)や前回の分娩が帝王切開であった患者様、双胎の患者様などは帝王切開をおこなっており、その結果帝王切開率は約20%程度になります。産まれてきた児は小児科医、整形外科医の診察があり、万一異常が見つかった場合にも適切な対応が得られます。当院では妊娠中から母親学級、安産のお祈り、マタニティ-ヨガ、マタニティビクスなど多彩なプログラムを用意しています。また和痛分娩といって陣痛の痛みを和らげるお薬を使って分娩する方法も取り入れており、患者様が安全でスム-ズな分娩を行えるようサポ-トしています。当ホ-ムペ-ジ内の「産科のご案内」の項目を是非ご覧ください。

婦人科

当院で扱う婦人科疾患は、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮脱などの良性疾患のほか、子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの悪性腫瘍も対象にしています。また外来では不妊症、更年期障害などの治療もおこなっています。診断には超音波検査、MRI、CTなどを用いて、常に正確な診断と適切な治療を心がけています。良性疾患に対しては可能な限り腹腔鏡下手術や腟式手術を取り入れており、低侵襲で安全な手術を目指しています。悪性腫瘍に対しては手術後に抗癌剤治療を必要とすることもありますが、多くの場合外来通院で抗癌剤を行うことが可能であり、患者様のQOLをできるだけ損なわないような治療を心がけています。

担当医スケジュール

◎・初診のみ (非)・非常勤医師 青字・男性医師 赤字・女性医師

◎片山 ◎中務 片山 中務 片山 別示
中務 (非)
谷川
◎牛尾 (非)
◎谷川
牛尾 別示
假谷 ◎假谷 別示
胎児スクリーニング 助産外来 助産外来

◎は当日受付のみで午前予約はなし
土曜日の当日診・予約診担当医師は假谷医師以外交替制
【午後診】の詳細はこちらをクリックしてください

医師紹介
片山 隆章(カタヤマ タカアキ)
役職

産婦人科部長

資格

医学博士 / 日本産科婦人科学会産婦人科専門医 / 播磨産婦人科漢方研究会代表世話人 / 姫路産婦人科医会役員

診療内容・特色

 1993年より当院に勤務しています。赴任以来毎日の外来診療、手術、分娩に当直と多忙な日々を送っておりますが、多くのスタッフに支えられながら、もうしばらく仕事を続けたいと考えています。分娩でも手術でも、安全で確実な手技を常に心がけて診療にあたっていますが、同時に患者さんのニ-ズにできるだけ沿った形で低侵襲の手術を行っています。とりわけ、ここ数年は腹腔鏡下手術の件数が飛躍的に増加しています。今後もこの手術をさらに発展させていくつもりです。

中務 日出輝(ナカツカサ ヒデキ)
役職

産婦人科副部長

資格

医学博士 / 日本産婦人科学会産婦人科専門医・指導医 / 日本周産期(母体・胎児)専門医 / 母体保護法指定医

担当

産婦人科一般、周産期、婦人科悪性手術

診療内容・特色

 2020年4月1日から勤務しています。出身は岡山ですが、前任地を含めると姫路は8年目となりました。片山部長が立ち上げた低侵襲な腹腔鏡手術(TLH:total laparoscopic hysterectomyやLM: laparoscopic myomectomyなど)は術後の体の負担も軽く、患者さんから大変喜ばれております。当院が担っている地域の周産期医療、婦人科救急と共にさらに充実・発展させていければと考えています。

谷川 真奈美(タニガワ マナミ)
資格

日本産科婦人科学会産婦人科専門医

担当

産婦人科一般

診療内容・特色

 2013年8月より勤務しています。卒後臨床研修を当院で行い、その後姫路赤十字病院や岡山大学を経て、再び戻ってまいりました。産婦人科の患者さんは女性であり、同じ女性だからこそ共感できること、そして相談しやすいこともあると思います。女性であることを生かし、患者さん一人ひとりに寄り添う診療を心がけ、地域のみなさまに少しでも貢献していきたいと考えています。

牛尾 友紀(ウシオ ユキ)
資格

マンモグラフィ読影認定医

担当

産婦人科一般

診療内容・特色

 2021年10月より勤務しています。医療に携わる仕事がしたいと思い、工学部にてX線CTの研究をしておりましたが、病気と闘う患者様・患者様家族に直接関わりサポートをしたいと思いが強く医学部再受験をいたしました。現在は、双子の母として、医師として日々奮闘の毎日です。女性・母親の視点・感性を活かし、一人でも多くの患者様・家族様の治療をサポートできればと考えます。

假谷 奈生子(カリヤ ナオコ)
担当

産婦人科一般

診療内容・特色

 当院で初期研修を終えたのち、岡山大学病院、岡山済生会総合病院を経て、再び2021年10月より勤務しております。外来では患者様に分かりやすい説明を心掛けて診療にあたっています。婦人科は同じ病気でも、その方の年齢や妊娠希望によって治療法が変わりますので、一人ひとりに合った適切な治療が提供できるよう努力してまいります。

姫路聖マリア病院

住所 : 〒670-0801兵庫県姫路市仁豊野650
Tel : 079-265-5111
Fax : 079-265-5001

診療時間
9:00~17:00 (月曜日 ~ 金曜日)
9:00~12:30 (第1、3、5土曜日)

診療受付
8:30~11:30

電車、バスでお越しの方

◯JR播但線・・・仁豊野駅下車(南へ徒歩10分)
◯神姫バス ・・・「国道マリア病院」停留所下車(徒歩2分)

地図を印刷するgoogleマップへ

トップへ戻る