妊娠中の歯の健康について

こんにちは!

 

 

今日は妊娠中の歯の健康についてお話したいと思います(^^)

 

皆さんは定期的に歯科で検診を受けられていますか?

そんなことを書いている私もあまり受診できていないので、

行かなければ!と思っているところです…(笑)

 

 

普段から定期的に歯科検診を受けましょうと言われてはいますが、

なかなかお仕事や育児などで忙しいと、後回しになってしまう方もいるかと思います。

 

 

ですが、特に妊娠中は歯の健康について関心を持っていただきたいです!

 

妊娠中はホルモンの影響やつわりなどによって、歯周病などになりやすくなっています。

また歯周病は炎症性の物質を生み出し、早産や低出生体重児出産にも関連があると言われています。

 

歯周病や虫歯にならないためには、食後の歯磨きはもちろん、半年に1回は検診を受けましょう。

つわりで嘔吐してしまったときは、水やお茶でうがいをすることも虫歯を予防することにつながります。

 

 

また、妊娠中期であればほぼ全ての歯科治療ができるそうです。

(クリニックによっては治療できないところもあるかもしれないので、

受診前にはかかりつけの歯科に確認をお願いします。)

「虫歯があるけど妊娠中だし、産まれてから受診しよう…」と思っている方がいましたら

ぜひ中期の間に受診することをお勧めします。

 

 

定期的な検診と適切な歯磨き方法で、歯を大切に守っていきましょう(*^^*)!