診療案内

産科

当院では年間約600件ほどの分娩を扱っています。その多くは合併症のないロ-リスクの妊婦さんですが、双胎、子宮筋腫合併妊娠、妊娠高血圧症などハイリスクの分娩も積極的に扱っています。当院の分娩方法は基本的には自然分娩ですが、陣痛が途中で弱くなった場合や、分娩予定日を大きく超過した場合などは陣痛促進剤を使用することもあります。また骨盤位(いわゆる逆子)や前回の分娩が帝王切開であった患者様、双胎の患者様などは帝王切開をおこなっており、その結果帝王切開率は約20%程度になります。産まれてきた児は小児科医、整形外科医の診察があり、万一異常が見つかった場合にも適切な対応が得られます。また和痛分娩といって陣痛の痛みを和らげるお薬を使って分娩する方法も取り入れており、患者様が安全でスム-ズな分娩を行えるようサポ-トをしています。

助産師外来

スタッフ紹介助産師が行う「妊婦健診」のことをいい、正常な妊娠経過をたどっている方を対象に、医師と協力しながら妊婦健診や妊娠中の体や心、妊娠生活に対する支援を行っていきます。医師の妊婦健診と交互に行っており、助産外来受診中に気になる症状や訴えがあれば、すぐに医師に相談し、必要時は診察も依頼します。

対象者:30週以降で妊娠経過が順調な方

担当医表

午前診療

◎・初診のみ (非)・非常勤医師 赤字・女性医師

◎片山 ◎中務 片山 中務 片山 別示
中務 (非)谷川 牛尾 (非)◎谷川 牛尾 別示
假谷 ◎假谷 別示

◎は当日受付のみで午前予約はなし 土曜日の当日診・予約診担当医師は假谷医師以外交替制
※医師変更となっている日もございます。

午後診療

牛尾 (非)谷川 假谷 中務