《指導医ブログ》麻酔と漢方薬(麻酔科医長Dr.岡部)

麻酔科の岡部です。

あまりブログと言うものをしない自分に突然書いてと話が回ってきたので、何について書こうかかなり迷いましたが、今回は麻酔業務の傍らにLife Workとして勉強している漢方薬について話します~。

麻酔と大きくかかわりが無いように思われる漢方薬ですが、香川労災病院のペイン外来で研修させていただいていた間に、いわゆる一般的なブロックや、内服(NSAIDs、アセトアミノフェン、プレガバリン、トラマール等々)、貼付剤で痛みの取れない方に、補助的に漢方薬を処方したのがきっかけで漢方の魅力にはまり、現在では麻酔業務の傍らにどちらが本業かというくらい勉強し(!?)、研究会等にも参加するようになりました。

 

一般的に全身麻酔では手術中色々な麻酔薬を用い、それらの薬で(特に高齢者で)血圧は非常に下がりやすい状態になります。

血圧が下がりすぎた場合に使う昇圧剤にはいくつか種類がありますが、そのうちの1つにエフェドリンという主に交感神経に作用し、血圧、脈拍を上昇させる薬剤があります。

このエフェドリンの成分は“麻黄”という漢方薬にもよく用いられている生薬にも含まれています。

 

     

(麻黄の写真)
イー薬草・ドット・コム
http://www.e-yakusou.com/sou/sou335-1.htm

 

麻黄は“葛根湯”という皆様も一回はどこかで聞いたことあったり、飲んだ経験があるかもしれない漢方薬にも含まれています。

麻黄にある発汗、鎮痛作用が風邪の初期症状や様々な症状の緩和に用いられます(血圧をあげる作用もあるので高血圧がある方、心臓に持病(不整脈や冠動脈疾患)がある方には常用できない可能性がありますのでご注意ください)。

“麻”とついた漢方薬には1種類を除いてほとんどこの麻黄が含有され、“麻”と付かないものを含めると13種類くらいこの生薬を含有しています。

興味のある方はドラッグストアで手にした漢方薬を見てみてください。中に麻黄が入っているかもしれませんよ~。

《指導医ブログ》兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンターさまで講義させて頂きました😅(緩和ケア内科部長Dr.髙橋)

2/23(土)は、毎年ご依頼頂いている兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンターさまで開催された「終末期における看取りの介護研修」に講師として参加させて頂きました。兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンターさまは、Spring 8で有名な光都にある施設です。綺麗な施設で講演されていただき、ちょっと幸せ😁。講演は、意思決定支援を中心に、90分間しゃべくりました😅。もっと、双方向な講義・講演を心がけないとね。ちょっと反省です。

兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンターさまは、光都にある綺麗な施設!!

いい感じの食堂(レストラン)もあります。

熱気むんむんの講義会場。良い学びの場となったかな・・・。

《指導医ブログ》2月16日の『お楽しみメニュー』(緩和ケア内科部長Dr.髙橋)

たかはし先生は、2月1回目の当直業務です。緩和ケア病棟の患者さんたちも、それなりに落ち着き、平和な夜になりそうです。

      今日の夕食で~す

さて、今回は土曜。『お楽しみメニュー』が提供される日です。今日の『お楽しみメニュー』は魚介のブイヤベースでした。

これ、結構いけました。通常メニューは蒸し魚(鮭)のマリネ。

これもいいお味でした。

副菜たちもいいお味(^ο^)。おいしく検食させていただきました。
たかはし

《指導医ブログ》Hypertension paradox(緩和ケア内科部長Dr.髙橋)

昨日は、月に一度の院内勉強会でした。当院の非常勤医でもある、ツカザキ病院の循環器内科部長:楠山 貴教先生に、冠動脈疾患の治療と高血圧について、ご講義頂きました。いや~、勉強になりました。特に面白かった話題を二つほど・・。

Hypertension paradox
高血圧治療薬は新規薬剤が開発されているのに、高血圧治療成績は改善していない。
これって、がん治療にも言えるかもしれませんね。

治療医満足度と実際の治療成績の乖離
医師のアンケートで、治療に最も満足感:達成感がある疾患は高血圧。でも、高血圧治療成績は実はいまひとつ。ちなみに、医師のアンケートで、治療に最も満足感がない疾患はアルツハイマー型認知症だそうです。

退院される患者さんがおられ、お見送りのため最後まで聞けませんでしたが、いいお話しでした。

たかはし

《指導医ブログ》eレジフェア2018in福岡(放射線科Dr.より)

皆さん、こんにちは。
姫路聖マリア病院 放射線科の医師Fと申します。

先日の日曜日、10月28日に、eレジフェア2018in福岡に行ってきました。

秋も深まり、やや肌寒さも感じられる中、我々姫路聖マリア病院のスタッフは、指導医2名、研修医2名、事務スタッフ1名の計5名で臨みました。背中にHimeji St.Mary’s Hospitalが印字された恒例のマリアブル-のポロシャツを着ての説明会です。

福岡で開催されるレジナビおよびeレジフェアの当院からの出展は、2013年から毎年しており、今年で6年目となります。当院から年2回、九州へ出向いています。関西からの出展が少ないこともあってか、福岡にて、姫路聖マリア病院を知っていただく機会を得ることができ、興味を持っていただいた学生さんには、九州地方の各大学から毎年当院に見学および病院説明会に来ていただいております。私自身は、今回で福岡2回目です。今回の兵庫県からの出展は、我が姫路聖マリア病院とK大学医学部附属病院の2病院のみでした。

私は、今年当院を受験していただいた学生さんの面接もさせていただいたのですが、受験していただいた学生さんの中にも、この福岡でのレジナビやeレジフェアで初めて当院を知っていただいた方も複数おられ、また偶然ふらっと立ち寄って知っていただいた方もおられ、今回のeレジフェア2018in福岡も、学生さんとの何かの縁としてのきっかけができればいいなと考えながら出向きました。
開始時刻の午前10時30分を過ぎると、続々と学生さんがブースに訪れてきてくださいました。病院紹介について喋り続けると、最後のほうでは声がかすれぎみになり、聞きづらかったかも知れませんが、学生さんが熱意を持って話を聞いてくれていることや自分が九州地方の某大学出身であることもあり、福岡開催での病院アピ-ルにもおのずと力が入ってきます。

学生さんの中には、卒後は関西地方で働きたいという方もおられ、是非とも病院に見学にきていただくようにお願いしています。
我々のブース前方にはW医大病院、右側にはK大学病院のブースがあり、続々と学生さんが訪問しています。我々も負けまいと学生さんの勧誘をします。
午前中は順調に訪問していただいており、気が付くと14時前でした。遅めの昼食をとり、その後は、やや閑散とはしてきたものの、今回60名を超える学生さんに訪問していただき、盛況でした。

今回のeレジフェアで一人でも多くの学生さんに当院を知ってもらい、病院見学そして受験していただけることを切に願っています。

話は逸れますが、博多から姫路へ向かう新幹線のぞみから、日本シリ-ズ第2戦が行われているマツダスタジアムがみえました。前日の第1戦は引き分けでしたので、広島カープに勝って欲しいと思いながら、走行する車窓からスタジアムのナイタ-照明を眺めつつ、帰路につきました。

これから寒くなってきますが、みなさん体調管理にはお気をつけください。

 

《指導医ブログ》耳鼻科について(耳鼻いんこう科Dr.黒田)

みなさんこんにちは。姫路聖マリア病院耳鼻科の黒田と申します。
研修医からこの病院に勤めて気が付けば10年が過ぎています。
時がたつのも早いものですね…

この病院で長く耳鼻科をしていますが、自分を最後に耳鼻科希望の研修医は皆無であり、研修医とのふれあいは当直のみという状況が長く続いていました。

けれどそれも今は昔、おととし・去年・今年と研修医が回ってきてくれています。
耳鼻科の研修は基本的には外来・病棟・手術です(どこも同じかもしれませんが…)

外来では診察の基本を学んで器具に慣れれば、まずはスタッフ相手に実践し、OKであれば外来初診の担当をしていきます。
入院が必要な患者は自分で見て、入院させて治療法決めて、退院させるところまでやってもらうこともあります。

今月来ている先生は何か月か研修していた先生なので、もう一人前と思えるくらい順調な感じでした。

秋が来ると耳鼻科はめまいや感染症などの疾患が増え、また花粉症が増えてきます。

寒暖の差が激しくなると体調を崩しやすくなるので皆さん気を付けてください。

《指導医ブログ》合唱団(産婦人科部長Dr.片山)

みなさん、こんにちは。産婦人科部長の片山です。
先日人事の方から連絡があり、勤続25年になるので記念に10万円の旅行券がもらえるとか。まったく予想もしていなかったので得した気分です。長く勤めているとたまにはいいこともあるんだなと思いました。1年間のうちに使えばいいみたいなので、これからゆっくり考えます。

今年もたくさんの学生がマリア病院に見学に来ましたね。少しでも多くの優秀な学生をリクル-トしてマッチングにつなげたいと、当院のいいところを、有る事ない事(イヤ、有る事有る事)アピ-ルしてきましたが、果たして結果はどうなるか楽しみです。8月もたくさん見学依頼が来ているようです。これからは5年生が中心になると思われ、来年以降のマッチングにつなげたいと思っています。

今日は僕の趣味について少し書かせていただきます。以前はゴルフに明け暮れていて、多い年には年間50ラウンド以上したこともありました。昨年も所属クラブの月例大会で76という自己ベストタイをマ-クして優勝するなど、そこそこゴルフしていましたが、最近パッションがなくなってしまい、またこのところの猛暑もあってまったくゴルフする気になれず、今年はコンペに2回参加した以外はゴルフしていません。

何をしているかと言うと、4年前から合唱をしています。神戸フロイデ合唱団へ入団し、毎週火曜日、仕事終わるやいなや神戸へ行き練習しています。年末はベ-ト-ベンの第九、夏はミサ、レクイエムなどの宗教曲を、関西フィルハ-モニ-管弦楽団、そしてプロのソリスト達との共演で歌っています。写真は3年前三宮の国際会館で行った、ブルックナ-の3番ミサの時の写真です。パネルにしてうちのリビングに飾っています。

今年はつい先日7月20日にドボルザ-クのスタ-バトマ-テルという曲を歌いました。僕のパ-トはテノ-ルですが、入団当初は出なかった「ラ」の音が、1年ほどたつと楽々出るようになり、声質も合唱向きの発声ができるようになり、今ではテノ-ルの中心メンバ-で、なくてはならない存在です。(笑)

姫路にも合唱団はあるだろうに、なぜわざわざ神戸まで行くのかとよく聞かれますが、年間通じて活動し、フルオ-ケストラをバックに歌える合唱団なんてそうそうあるもんじゃないです。練習は厳しいですが、演奏会が終わった後の達成感は筆舌に尽くしがたく、一度経験すると病みつきになります。

今年の春からは神戸以外にも合唱の練習に行っています。マ-ラ-の交響曲第8番「1千人の交響曲」という副題がついている大曲で、9月30日に大津の琵琶湖ホ-ルで演奏会があります。演奏者は1千人ってことはないですが、合唱も第1コ-ラス、第2コ-ラスそれぞれが8部に分かれ、それに児童合唱が加わり、プロのソリスト8人+管弦楽で、総勢400名ほどで演奏します。それだけの規模ですからめったに演奏されることはなく、東京でも数年に1度、関西では僕の知る限りこの5年間はなかったと思います。僕はこの曲を歌うのが若い時からの夢だったので応募しました。やっと神戸の演奏会が終わったので、これからマ-ラ-8番に向けて専念できます。

《指導医ブログ》7/1(日)レジナビフェア(整形外科部長Dr.尾﨑)

医学生、研修医の皆さん、こんにちは。
姫路聖マリア病院 整形外科部長の尾﨑です。

先日の日曜日、7月1日に、民間医局レジナビフェア2018大阪に行って来ました。最高気温が34.8度とほぼほぼ猛暑日の中(最高気温35度以上が猛暑日の定義です)、多数の医学生の皆さんが会場を訪れ、熱心に説明を聞き、かつ質問をしていました。送迎バスが到着すると、一気に若人たちが流れ込み、空調の効いている会場でしたが、中の熱気もなかなかのものでした。

今回は、姫路市合同ブースの一角を担う形で参加です。研修先として、地理的に姫路を考えている人には、わかりやすかったかもしれません。合同ブースに陣取るのは、当院として初めての試みです。指導医3名、研修医3名、事務スタッフ3名、総勢9名で、いつもより大勢で臨みました。また、姫路のご当地ゆるキャラ『しろまるひめ』も参戦。その甲斐あってか、ブースには昨年より多くの医学生が訪れてくれました。



病院説明には、研修委員会が考案し、事務局が用意してくれたファイルを使うのですが、話す相手によって内容や強調するポイントをどんどん変えます。どんな情報を欲しているのかを察知し、できるだけ単調な説明にならないように心掛けます。長年の外来診療で培われた話術が生かされる瞬間です。ただし、話手が心から思っていることじゃないと説得力がないことは、どの分野でも同じです。

また、スポーツや社会情勢の話題などで、よく話が脱線します。日本の未来の医療を担う若人と話しを交える機会は、指導医にとっても勉強になり、かつ貴重で、楽しい体験です。今現在、医学生や研修医をされている皆さんは、今後、40年近く日本の医療を担って行きます。30年後には日本の人口が1億人を割り込むわけで、日本国内や世界の情勢は予想もできないほど変化しているでしょう。そんな中で、人のまねのできない技術を持った、骨のあるタフな医療人に育ってほしいと願います。

《指導医ブログ》「断捨離」=「今現在の自分の『好き』を大切にする」(小児科部長Dr.河田)

こんにちは、小児科部長の河田です。

数年前から「片付け」がブームですね。
書店に行くと、さまざまな「お片付け」の本が平積みになっています。

やましたひでこさんの「断捨離」は
」入ってくるいらないものを断つ
」いま持っている必要ないものを捨てる
」物への執着から離れる
という考え方です。

10年以上も前に購読した医学書(全く読んでいない)を捨てられないのは、高いお金を払ったのにもったいないという過去への未練や、もしかしたらこの先必要になるかもしれないという未来への不安からです。

今現在この医学書を読む気になれない=今自分には必要ない、ということです。
いらない医学書(や書類)を捨てると、書棚に余裕ができます。
必要な文献を探し出すのが、容易になります。
探し物をしている時間は案外大きかったのだ、ということに気づきます。

「断捨離」を意識すると、モノだけでなくすべてのことについて
「今現在の自分の好きという気持ち」を大切に考えるようになります。
「捨てる」決断ができた自分に自信が持てます。
(たとえ古いTシャツ1枚でも)

研修医の皆さんは、いろいろな科をまわっている間に
将来自分はどの科に進むか、迷うことも多いと思います。

○○科はこれから患者が減る、医師が過剰になる、など外野の声も聞こえてくるでしょう。
でも、「好き」でないとこの仕事を続けていくのはつらいです。
「好き」だと多少しんどくても続けられます。

あなたの「好き」は何ですか?

《指導医ブログ》内科 副部長 Dr.笠原

内科副部長の笠原です。
テニス同好会とゴルフ同好会の会長を長年やっています。

4月末の3日間は、毎日日帰りで大阪国際会議場で開催されていた呼吸器学会に行ってきました。
呼吸器学会でも身体の活動性アップの重要性が強調されていました。
中等度以上の強度の運動を週2回以上している人はそうでない人に比べ長生きと言われています。

当院は敷地内にテニスコートが2面もあるため、毎週土日の午後にはテニスの練習試合を数時間楽しんでいます。
練習嫌いなので、試合のメンバーからはずれたときは、テニスコート横が医師用の駐車場であるため、自分の車の中で本を読んでいます。順番がきたら呼んでくれます。

読書は大変時間を要する行為なので時間をいかに作るかが大事になってきます。以前は大阪や京都に行くときには車で行ったりもしていましたが、最近はもっぱら新幹線利用です。
新快速でも十分安くそれほど時間もかからず行けますが、新幹線自由席の方が快適で読書向きなためです。
一度に連続して長時間の読書は無理なので、帰りに新神戸で乗り継いだりしても平気です。
呼吸器学会への行き帰りを利用して、「戦略サファリ」という経営戦略のバイブルを読み終えようとしていますし、車の中には読みかけの大川弥生氏のリハビリの本が入っています。3月の脳卒中学会での彼女の講演に感動して早速買って読んでいます。

また、当院にはゴルフ同好会もあり毎週水曜日の晩が、近くのエブナゴルフセンターを使っての恒例の練習日となっているので、時間をやりくりして参加しています。

呼吸器学会ホームページからイーラーニングクラウドに入ると、
呼吸器内科専門医用(なりたい人維持したい人用)のコンテンツにアクセスできるようです。
会員でなくても仮登録で入れそうなので、当院の優秀な研修医にはお勧めと思います。
医学生が国試対策で利用することもできるのではとも思いましたが、アクセス可能かは不明です。

そう、ブログと言えば、「ナイルパーチの女子会」という小説を最近読みました。女子高生が選ぶ直木賞で第一位になったとのことで、友達が作れない女性商社マンと人気主婦ブロガーが主人公です。

当院での研修のことも少し、4月は初期研修1年目の松浦先生と羽田先生がついていました。
内科のスタートはまず薬を覚えることなので、週4回ある外来に各2日ずつついてもらって、処方の中から知らない薬を見つけたら薬の本で調べて自分の手帳にまとめ上げるという地道な作業をしてもらっていました。
あとは、僕と患者さんのやりとりを横で聞きながらの耳学問。隙間時間には持ってきてもらっている勉強用の本で独習してもらっています。

とりとめもなく書いているうちに朝5時になりました。早朝覚醒なので、再び寝ます。皆様おやすみなさい。