《研修医ブログ》『嫌われる勇気』

研修医の仲山です。

あっという間に1月も終わりですね。
もう研修医になって1年近く経つなんて時の進む早さに恐ろしさを感じます。
2/8,9に国試を受けるみなさんはブログなんて読んでないと思いますが、心から応援していますよー!頑張ってください!

1月もいろいろあったのでざっと振り返りたいと思います。

・3連休に研修医ら有志でハチ北スキー場へ

暖冬のため人工雪でした(笑)スキーはそれなりには滑れるのですが、みんなスノボだったので初スノボにチャレンジしてみました!最初は板に立つのも困難でしたが、木の葉滑りなら出来る程度にはなりました。いわゆるスノボの滑り方は出来る日が来るのかと思うほど難しかったです(笑)滑れる方全員を尊敬しました。久しぶりの運動で次の日は全身筋肉痛でした(笑)

・2年目の研修医の先生の結婚式

京都の平安神宮でされた素敵な披露宴に呼んで頂き、女子研修医全員でお揃いのドレスを着て参加させて頂きました。いつもお美しい先生ですが、当日はより一層美しく輝いていらっしゃいました。彼女の目標である「凛とした強く美しい女性」を体現されている素敵な先生であり素敵な女性です。今後の益々のご多幸をお祈り申し上げます!

・ACLS

土日を返上して神戸で同期とACLS講習を受けて参りました!講習自体も勉強になるのはもちろんのこと、5人チームの中に循環器科医2名と麻酔科医1名がいらっしゃり、実践の話もしてくださったのでとてもためになる回でした。私の質問に対して丁寧に教えてくださり、この回に参加できてラッキーでした。夜は同期と神戸の夜景とディナーを楽しみました(笑)朝カフェもしました(笑)

・Dr. HimeG

姫路市の研修医が集まる症例検討会が年に数回開催されています。今回の担当はマリア病院でした!我らがK先生の発表があり、司会の先生も含め参加者全員が勉強になったと言う内容でした!内容は、彼が自主的に参加した勉強会で学んだ、単純CTで血栓を探すというものです。肝臓がHigh、腎臓がLowになるようにwindow幅を調整すると良いということです。

以下、タイトルにしていますが雑談です(笑)

2013年に刊行され(私が大学に入学した年です)史上最長となる51週連続1位を記録し、世界累計発行部数443万部を突破した「嫌われる勇気」とその第2弾「幸せになる勇気」を読了しましたので一部共有したいと思います。アドラー心理学を分かりやすく噛み砕いている本です。マリア病院の先生に勧められ読んだ「7つの習慣」もアドラー心理学を基礎としてより発展させたものだそうで通じるものがありました。

・アドラー心理学は目的論の心理学である。人は出来事や環境じゃなく目的であり方を決めている。過去や環境のせいにしない。自分でそれが都合が良いと選んでいる。

・アドラー心理学は勇気の心理学である。自由になるためには嫌われる勇気(嫌われてもいいと思う勇気)がいる。自分も他人も、他者の期待を満たすために生きているのではない。他人の評価を目的に行動しない。他人は思い通りに出来ない。楽に相手をコントロールしようと怒ることは未熟な手段である。

・アドラー心理学は使用の心理学である。なにが与えられているかではなく、与えられたものをどう使うか。

・他人と対等の繋がりを持つ。お互いを尊敬することで信頼や協力へ繋がる。仲間になり、自分の居場所が出来る。

・幸福とは、貢献感である。「自分が何を得られるか」ではなく「自分は何を与えられるか」を考える。

・「いま、ここ」を生きる。人生は刹那の連続であり、過去や未来は関係なく、現在で動く。

・愛とは2人で成し遂げる課題であり、わたしの幸せでもあなたの幸せでもなくわたしたちの幸せを追い求めなければならない。

・自立とは自己中心性からの脱却であり、愛することである。愛する勇気はすなわち幸せになる勇気である。

「幸せになる勇気」に出てきますが、アドラーは医師でした。弟を戦争で亡くしたことで医師を目指したアドラーは、第一次世界大戦の軍医に召集され、前線で戦う兵士を治療しては前線へ送り出すという本人いわく囚人のような生活を送りました。それでもなおアドラーは他者を信頼することの大切さを説いたそうです。戦争は不信感や競争からうまれる、人類全員が他者を信頼し協力することが出来れば世界は平和になる、みんなが自分の周りの世界を平和にしていくことが世界平和に繋がる、と彼は説きました。

平和な世界にみんなでしていきたいですね。長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

《研修医ブログ》令和初のお正月

あけましておめでとうございます!
食べることと寝ることと遊ぶことが好きな仲山です。
今年も研修医ブログをよろしくお願いします(о´∀`о)

今年はオリンピックイヤーですね!
私はボートの決勝が抽選で当たったので観戦しに行きます(((o(*゜▽゜*)o)))

いまオリンピックの代表選手が選ばれているところですね。
どの選手も悔いのない結果が残せたら良いなと思ってます!

 

以下、雑談です(笑)

令和初のお正月でしたね。
私は福岡県太宰府市の祖母の家でお正月を過ごしました。
ところで太宰府は令和ゆかりの地であることはご存知ですか?
私も詳しくは知らないので、ブログネタ用に少し調べてみました。

時は730年正月13日のこと、大宰府の大伴旅人の邸宅で、梅の花見の宴が催された。その歌々を束ねる万葉集の序文の書き出しでは、以下のように宴の日を讃えている。

「初春の令月にして気淑く風和ぎ
梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫ず」

現代語訳は、
「正月良き時に集えば、天気に恵まれ、風もやわらかで、梅の花は鏡の前にある白粉のように白く、その匂いはまるで匂い袋のようだ」

この文章を受けて安倍首相は、「厳しい寒さの後に、春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定した」と語ったそうです。

令和が皆様にとって花咲く時代となりますように。
令和時代の医師のみなさん、一緒に頑張りましょう!

《研修医ブログ》あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
12月のブログ担当青山です。更新が1月になってしまい、時の早さを感じています。遅くなってごめんなさい。
12月のマリア病院はクリスマス一色でとても賑やかです。ツリーや馬小屋の飾りをあちこちでみかけます。

新年になるとhapppy new yearとのコラボも楽しめます。

 

12月の終わり、マリア病院では来年度入職する研修医を歓迎する激励懇親会が催されました。
お店は姫路駅前のフレンチで雰囲気もとっても良かったです。

料理を食べながら自己紹介をしつつ、診(珍?)療部長による国試対策講座も開講され、国試合格へのエールを送りました。

 

その後は有志で二次会へ。

インスタ映えなお店でリラックスしながら飲み直し。

誰の誕生日でもないけどイラスト入りのデザート。仲がいいのがマリア病院のいいところです。
新研修医のみんなも楽しんで帰ってくれていたらいいな(願望)。

もしマリア病院に興味をもってくださったら、ぜひ見学に来てみてくださいね~!!
待ってます(*^^)v

《研修医ブログ》ICLS研修

皆さんこんにちは。研修医の杉原です。
あっという間に今年も終わりが見えてきました。

先日、院内でICLSの研修がありました。
ICLSとは「Immediate Cardiac Life Support」の頭文字を取った略語で、医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。

突然の心肺停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生を習得することを目標に、実技を中心として約一日かけて学びました。

受講者は少人数のグループに分かれて、前半はBLS(一次救命処置)やAEDの操作、心電図波形の診断等をおさらいし、後半は実際に即したシナリオに沿って、グループ内で役割分担をしてチーム蘇生を行うといった流れで研修を行いました。

後半のシナリオに基づいたトレーニングでは、グループ内全員がリーダー、胸骨圧迫、薬剤係、換気、タイムキーパー、モニターの役割を経験できるように役をまわしながら行っていきました。一回シナリオをまわす毎に、振り返りの時間が設けられおり、反省点や良かった点を洗い出し、次に繋げていきました。コメディカルの方々とディスカッションする中で、皆さんとても積極的に意見を出してくれるので、今まで自分の視点にはなかったことを発見できました(*^^*)。

シナリオ毎に毎回緊張しながらも、グループ内で仲良く楽しくトレーニングすることができました。最初ははじめまして状態だったのですが、すっかり打ち解けてコミュニケーションを円滑にできたのはとても良かったんじゃないかなと思います♪

今回学んだこと・気づいたことをしっかり現場で活かせるようにしていきたいと思います。

《研修医ブログ》インフルエンザ予防接種

はじめまして。研修医1年目の杉原です。すっかり寒くなり、インフルエンザが流行し始めましたね。

皆さま、体調のほうはいかがでしょうか。

昨日、職員の皆さんにインフルエンザの予防接種を行いました。
毎年この時期になると、マリア病院では研修医が数日に渡ってスタッフにインフルエンザの予防接種を行います。

今回は同期に手伝ってもらって、2人がかりで約130人に接種しました。
職員さんに接種するということで、皆さん顔見知りなので逆に緊張しました(笑)。
始めに同期同士で練習し合って、シュミレーションをしてから臨みました。

いざ接種が始まると、次から次へと打っていくので非常に目まぐるしく、2時間もしないうちにあっという間に終わりました。
痛みを最小限にするにはどうすればよいか、周りのスタッフの意見を参考にしながら
打ちましたが、始めのほうは手技がおぼつかなかったと思います(^^;。

きっと痛い思いをされたスタッフもいたと思うので、この場をお借りして再度謝罪したいと思います(>_<)。

今回、数をこなしていくうちに徐々に自分でもコツを掴めてきたように感じました。
途中から、「全然痛くなかった!」と言われたときはとても嬉しく、心の中で小躍りしてました(笑)。

これからますますインフルエンザが猛威を振るうシーズンに突入します。
手洗いうがいの励行に加えて、ワクチン接種を行って万全の対策をしていきましょう。

皆さまどうぞご自愛くださいね(*^^*)

《研修医ブログ》卒業旅行~タイ編~

初期研修医1年目の金谷です。マッチングの結果発表そろそろですね。希望順位の締め切りも迎えあとは待つのみですが、医師の就職率は(国家試験に受かれば)100%というチートゲームなので、あまり気にしすぎず結果発表を待ちましょう!

さて、ようやくカンボジアからタイに入国です。タイで友達と合流し、目指すはパンガン島。Full moon party、Half moon party、Crescent party、Mountain partyと毎週末、海やら山やらでパーティをしているヒッピーたちの集う島に飛行機とフェリーを乗り継いで到着です。

移動は原チャです。みんなよく転ぶのか、パンガン島の外傷センターは半端じゃないくらい綺麗で大きい病院なので安心してください。

夕食を食べた場所です。そりゃ働きたくもなくなりますわ、ってくらいに安くて美味しかったです。パーティも楽しかったですが、なによりこの島の雰囲気だったり、人の優しさが素敵でした。パンガン島、卒業旅行にはおすすめの島です。ぜひぜひ検討してみてください。

 

《研修医ブログ》マッチングお疲れさまでした 卒業旅行~カンボジア編~

初期研修医1年目の金谷です。6年生のみなさん、マッチング本当にお疲れさまでした。『大学病院より市中病院がいい』『救急のファーストタッチができるところがいい』などなど、不確かな情報がたくさん入ってきて迷うことも多かったと思いますが、どんな病院で研修しても結局は本人のやる気次第だと思います。是非マッチした病院で二年間頑張ってください。

さて、9月のこの時期、6年生は卒業試験の合間に卒業旅行の計画を立てているだろうし、6年生以外も夏休みを謳歌していることと思います。なので(?)、今回は僕の卒業旅行のことについて書こうと思います。お時間のある方だけどうぞ。

計画としてはカンボジアに飛んだ後、タイ、ラオス、ベトナムと東南アジアを一周するつもりでした。帰りの日程は決めず、カンボジア行きの片道分の飛行機だけ取って、国家試験終了後すぐに飛び立ちました。

アンコールワットの朝日です。綺麗でした。現地の人にとっては仕事終わりや休日を過ごす、心の拠り所のような場所みたいです。夕方前には寺院の周りで家族や友人とビールを飲みながら、寝そべっていました。

カンボジアに行ったらトゥールスレン博物館にも是非行ってほしいです。ポルポト政権時代の歴史を学べる博物館です。ちなみに僕はバスが二時間遅れたため、最終入場時間に5分入園に間に合わず、入ることができませんでした。次回リベンジしたいと思っています。

カンボジアは今からどんどん発展していきそうな活気に満ちた国でした。またいつか行きたいですね。次回はタイに入国します。

《研修医ブログ》JATECコース

初期研修医2年目の井元です。6回生のみなさんはそろそろマッチングを終えて学生として最後の夏休みを謳歌している最中でしょうか。

私事ではありますが、8月17,18日に横浜でJATECコースを受けてきました。

JATECとはJapan Advanced Trauma Evaluation and Careの略で、外傷患者の初期対応を習得するためのコースです。

「わが国の外傷診療の質は決して高いとは言えない。最近の研究では、適切な処置を施せば助かると推定される外傷死亡(Preventable Trauma Death:PTD)が、外傷死亡総数の30%を超えているとされている。そして、この多くが初期診療の診療機能に依存している。これを改善するには救急医療としての外傷診療システムの構築とこれに関与する医療従事者の診療技術の向上が急務である。」(JATECホームページより)

これがJATECの基本理念となっています。詳細な内容は割愛しますが、要はABCDEの安定化を図りいずれかに異常があれば介入していくことを習得することが根幹にあります。

蘇生に必要な手技・診療方法をマネキンを用いて2日間みっちり学びます。
スケジュールはこんな感じでした。割と疲れました。。(笑)

ちなみにJATECコースは大変人気がありまた救急医が優先的に受講できるようになっているため初期研修医で受けることはなかなか難しいです。
実際僕も1年目の夏ごろから申し込み始めましたが15回ほど不採用となりました(笑)
今回も最初は不採用でしたがキャンセル枠がたまたま空いていたのでラッキーで採用されました。

救急が有名な病院ではJATECインストラクターの方が救急科におられるところもあると思いますが、一般的な市中病院ではいないところも多いのではないでしょうか。また重症外傷もこないし関係ないと思っている方も多いかと思います。たしかに一般的な市中病院ではほとんどが軽傷でJATECの手順通りに診療する必要がないことが大半ですが、中には実は重症だったという症例を経験することがあります。
そういうときのためにもJATECにおけるABCDEアプローチは初期研修医でも最低限習得しておいたほうがよいと思います。

JATECコースは60000円超とかなり高額な受講料がかかりますし、受けるのにもハードルが高いですが、全国から救命救急センター長クラスの先生方も来られますしインストラクターの方も非常に教育熱心で受講してよかったと切実に思いました。(僕は病院に負担してもらいました(笑)。ありがとうございました。)
※事務局補足:院内規程に準じて支給されます。

今後は1年目のやる気がある先生に学んだことを教えていこうと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

《研修医ブログ》3か月たち…

こんにちは。研修医1年目の大漉といいます。
入職してからあっという間に3か月がたちました。救急外来や病棟業務など徐々に仕事にも慣れてきている気がします。

マリアの救急では最初の1か月目に2年目の先生と一緒にファーストコンタクトを行います。3か月もたつとかなり多くの症例を経験するので救急の初期対応が身に付きます。

先日は外科主催で縫合トレーニングが行われました。救急外来でも手を切ったりした方の縫合をすることがあるので、こういった機会をいただけるのはとてもありがたいことです。

また、この日は腹腔鏡の器具を使って縫合と糸結びにチャレンジしました。結果は…惨敗でした(笑)

カメラの画面と実際の手元の感覚って全然違うんですね。シミュレーションセンターで練習してまたチャレンジします!

話は変わりますが、先日実家のある鹿児島県で記録的な豪雨がありました。幸い実家や友人の住むところでは大きな被害はありませんでしたが、県内では土砂災害の被害が出た地域もあったそうです。被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げますとともに1日も早いご再建をお祈りいたします。

それでは今回はこの辺で失礼します。

《研修医ブログ》私生活のご紹介

こんにちは。研修医の松浦です。
今回も病院の業務ではなく、私生活のご紹介ということで。

今年の6月~7月は子供の行事がいろいろありまして、それらをご紹介したいと思います。

先ずは中学2年生の長男の体育祭。長男の学校の体育祭は生徒が上半身裸で行進し人文字を作るのが有名で、それだけを見に来る人もいるみたいです。

今年はテーマが「鋒(きっさきと読みます)」でした。人に先んじて行動するってことかな?

上演時間は50分で音楽に合わせて様々な人文字を繰り出していきます。今年は幾何学模様→闘牛→イチロー→ロケットと来て、案の定「令和」!となるわけですが、平成からの令和が素晴らしかったです。

(平成)

 

(令和)

最後にはテーマの「鋒」で終了。

毎年なかなか素晴らしい出来で感動しました。

 

続きまして7月には末っ子のピアノの発表会があり、頑張って弾いてくれたことに感動しました。 曲は「人形の夢と目覚め」でした。毎日お尻を叩かれながら練習し楽譜なしで弾けるようになったことに驚きました。何度か引っ掛かりましたが頑張って弾きなおしフィニッシュしてくれました。

いずれにせよ子供の活躍はうれしいものでパパは残りの研修期間マリア病院のために頑張ります。