《指導医ブログ》学会発表についてPart 1~スライド作成の今と昔~(診療部長 兼 乳腺外科部長 Dr.丸山)

私が医者になった30数年前は、国家試験の合否を待たずして、4月上旬に、大学の外科医局に入局する制度であった。すぐさま、「オーベン・ウンテン(医者の内輪用語で上級医・下級医)」の関係で、日夜付属病院での研修が始まるのであった。その8月には、「出局」と言って、関連病院に赴任させられた。その出局の前には、必ずウンテンは、オーベンの指導のもと、経験した症例について、発表する(させられる)のが通例であった。確か「岡山外科学会」で口演したのが、私の学会デビューであったと記憶している。内容は、オーベンが血管外科グループだったため、血管関連の1例報告だった。今の私の専門とは、無関係な内容であった。

今の発表のスライドといえば、Power Pointを用いて作成し、個人のPCもしくは、USBで発表が通常である。しかし、その頃は、「ブルースライド」といって、ちょうどフィルムのネガを1枚ずつ台紙にはめ込んだ形で、投影してもらう形での発表であった。スライド一枚の説明が終わるごとに、「次お願いします」といって、投影機のそばにいる人に合図を送り、次のスライドを送ってもらう形であった。しかも、学会によって、発表スライドの枚数制限があり、一般口演では、多くの場合10枚までとされていた。Power Pointで作成する現在では、発表の作成及び修正は、発表直前まで可能であるが、ブルースライドは、原稿を外部業者に依頼し、スライドになるまでに約1週間を要し、直前に誤字があっても修正できないといった具合である。発表前には、大学医局カンファレンスで、事前に医局員の前で練習プレゼンテーションを行うのであるが、そこで修正を指摘されると、急いでまた修正した原稿を、業者に依頼するといった形で、汗(冷や汗)と涙を流したのである。Power Pointでは、カラー、グラデーション・アニメーションも自由に加工できるが、「ブルースライド」では、ネガフィルムなので、映し出されたままの画面(アニメーションができない)で発表するのである。しかも、作成料金は10枚で5~6万円、カラースライドだと10万円だったと記憶している。

巷では、「研究発表のためのスライドデザイン」なる本まで出版されている。「見た瞬間に伝わってしまうスライドを作れる」などの表題すらある。今や、自由自在にスライド作成ができるのだ。皆さんもPower Pointを駆使して、学会発表をしよう!

 

次回 Part 2では、「なぜ学会発表をするのか?」について、お話ししましょう。