《指導医ブログ》合唱団(産婦人科部長Dr.片山)

みなさん、こんにちは。産婦人科部長の片山です。
先日人事の方から連絡があり、勤続25年になるので記念に10万円の旅行券がもらえるとか。まったく予想もしていなかったので得した気分です。長く勤めているとたまにはいいこともあるんだなと思いました。1年間のうちに使えばいいみたいなので、これからゆっくり考えます。

今年もたくさんの学生がマリア病院に見学に来ましたね。少しでも多くの優秀な学生をリクル-トしてマッチングにつなげたいと、当院のいいところを、有る事ない事(イヤ、有る事有る事)アピ-ルしてきましたが、果たして結果はどうなるか楽しみです。8月もたくさん見学依頼が来ているようです。これからは5年生が中心になると思われ、来年以降のマッチングにつなげたいと思っています。

今日は僕の趣味について少し書かせていただきます。以前はゴルフに明け暮れていて、多い年には年間50ラウンド以上したこともありました。昨年も所属クラブの月例大会で76という自己ベストタイをマ-クして優勝するなど、そこそこゴルフしていましたが、最近パッションがなくなってしまい、またこのところの猛暑もあってまったくゴルフする気になれず、今年はコンペに2回参加した以外はゴルフしていません。

何をしているかと言うと、4年前から合唱をしています。神戸フロイデ合唱団へ入団し、毎週火曜日、仕事終わるやいなや神戸へ行き練習しています。年末はベ-ト-ベンの第九、夏はミサ、レクイエムなどの宗教曲を、関西フィルハ-モニ-管弦楽団、そしてプロのソリスト達との共演で歌っています。写真は3年前三宮の国際会館で行った、ブルックナ-の3番ミサの時の写真です。パネルにしてうちのリビングに飾っています。

今年はつい先日7月20日にドボルザ-クのスタ-バトマ-テルという曲を歌いました。僕のパ-トはテノ-ルですが、入団当初は出なかった「ラ」の音が、1年ほどたつと楽々出るようになり、声質も合唱向きの発声ができるようになり、今ではテノ-ルの中心メンバ-で、なくてはならない存在です。(笑)

姫路にも合唱団はあるだろうに、なぜわざわざ神戸まで行くのかとよく聞かれますが、年間通じて活動し、フルオ-ケストラをバックに歌える合唱団なんてそうそうあるもんじゃないです。練習は厳しいですが、演奏会が終わった後の達成感は筆舌に尽くしがたく、一度経験すると病みつきになります。

今年の春からは神戸以外にも合唱の練習に行っています。マ-ラ-の交響曲第8番「1千人の交響曲」という副題がついている大曲で、9月30日に大津の琵琶湖ホ-ルで演奏会があります。演奏者は1千人ってことはないですが、合唱も第1コ-ラス、第2コ-ラスそれぞれが8部に分かれ、それに児童合唱が加わり、プロのソリスト8人+管弦楽で、総勢400名ほどで演奏します。それだけの規模ですからめったに演奏されることはなく、東京でも数年に1度、関西では僕の知る限りこの5年間はなかったと思います。僕はこの曲を歌うのが若い時からの夢だったので応募しました。やっと神戸の演奏会が終わったので、これからマ-ラ-8番に向けて専念できます。